重要なお知らせ

平素は弊社ウェブサイトをご利用いただき、誠にありがとうございます。
新体制への移行に伴い、サービスを一時休止いたします。
再開時期につきましては当サイトにて告知いたします。
ご迷惑をおかけいたしますが、予めご了承ください。

南部【ホーチミン】

ベトナム最大の都市、ホーチミン。

ホーチミンのタンソンニャット空港から南東に、車で約15分~20分の距離に、ホーチミンの中心部でもある1区(Dist.1)があります。

ホーチミン1区は多くの観光客が訪れ、ベンタイン市場やドンコイ通り、ビンコムセンターや国営百貨店など、たくさんの買物スポットもあります。

日本からは大企業の他にも中小・中堅の製造業や貿易業、輸出加工メーカーなどが多く進出しています。

経済活動も活発で、ベトナムで最も重要な経済的中心地です。

 

サイゴン大教会(聖マリア大聖堂)▼

ベトナム旅行情報局が撮った、ベトナムホーチミンのサイゴン大教会(聖マリア大聖堂)

ベトナムの気候

ベトナムは基本的には年中常夏の国ですが、国土が日本と同じように縦長ですので、北部と南部では気温が違います。

特に雨季が長いので、旅行に行くときは注意が必要です。

 

ベトナム旅行情報局より ベトナムの北部、中部、南部

 

そんな当たり前の情報はいらなかったですか?

こんな情報どこにでも載ってますよね?

そうなんです。

こういうベーシックな情報は書籍にもネットにもたくさん転がっています。

なので

ベトナム旅行情報局では、実際に月ごとのベトナムでの服装を随時アップしていきます。

この格好を見て、ベトナム旅行時に持っていく洋服のだいたいのイメージが掴めるかと思います。

11月の服装

ホーチミン(南部)

ベトナム旅行情報局のホーチミン事務所 11月の気温と服装

半沢直樹のブームが終わったその頃、ホーチミン事務所にて、100倍返しされた境部長は嫌々ながら土下座させられそうになっています。

半袖のYシャツの脇からダラダラたれるぐらいの汗をかくそんなホーチミンの11月。

午後はほぼ毎日のようにスコール。

まるで彼の涙のようです。

雨季のホーチミン旅行はその覚悟がある者のみ許されるのです。

5月の服装

ダナン(中部)

ベトナム旅行情報 5月のダナンの気温

画像はダナンのミーケビーチです。

みんな海で泳げるぐらいの激アツ(激暑)です。

4月の服装

ホーチミン(南部)

ベトナム旅行情報 ベトナムホーチミンでの服装、暑さ対策はこちらをご覧ください

事務所にて快く撮影に応じてくれたスタッフ ビビちゃん。

ビビって名前はアラバスタの王女っぽくて、スタッフ一同気に入ってます。

4月のホーチミンはちょこっとずつですが、雨も降り出してきました。

もうすぐ長い雨季が始まります。

ベトナムってどんなとこ??

ベトナムのバイク事情

 

シンチャオ。

今ベトナム語で 「こんにちは」 って言いましたが、ベトナム語は全然話せません。

数字は1から6まで数えられます。

よろしくお願いします。

 

さてさて。

突然ですが、

ベトナムってどんな国でしょう?

 

僕は今から約20年前に、アメリカの高校に通っていました。

そこにはベトナム人の留学生?移住?な人も数名いました。

その時の彼らのイメージは、

男性は気が荒く短気。(友達のペルー人とグランドでケンカしてました。そして日本人の先輩がそれを止めました。)

あとは英語が聞き取りにくいし通じにくい。

女性は、すごくセクスィで綺麗、だけど性格きつそう。

同じく英語が聞き取りにくいし通じにくい。

 

その時の二人が、僕のベトナムに対するイメージの全てだったのかもしれません。

あとは、よくわかってもいないのに、戦争の影響で貧しい国、といったイメージを持っていました。

 

それから大人になって、男盛りの年代になった僕は、実際現地調査としてベトナムに来ました。

最初に来たのはホーチミンだったんですが、ここからその時思った感想を羅列します。

 

・女性がものすごセクシーでスタイルがいい

・バイクの多さがハンパない

・クラクションがうるさい

・道路が汚い

・女性がセクシーでかわいい

・空気が汚い

・ベトナム人の声がでかい

・暑い、暑すぎる

・女性のスタイルがいい

・日本人もちょいちょいいる

・ビールが安い

・その他色々安い

・女性のスタイルがとてもいい

・アオザイ着てる女性とかホント・・・

・思ってたよりも、全然都会(都市部)

・英語の発音が聞き取りにくい、通じにくい

・パクチ?がとてもまずい

 

これが、初ベトナムに来た時の感想です。

ここで載せちゃ駄目なぐらいネガティブ情報じゃないですか?(笑)

 

それからベトナムに実際に住んでみたり日本の本社と行ったり来たりの日々ですが、ベトナムが色んな意味で急成長してるのがはっきりわかります。

そして、ベトナムに対してのイメージがネガティブから入ったからこそ、それを自分なりに克服する方法して楽しめる方法を見つけれたんですよね。

バイクが多い道路をバイクで走るのが逆に楽しくなったり(ドM)。

今となっては、今後もこんなワクワクな国で仕事できることが、本当に嬉しいしワクワクです。

もはやドラクエとかFFの世界に自分が入ったみたいな感じですよ。

 

だがしかし!!!!!

 

日本人の僕から見たら、まだまだ不便なところとかがたくさんあるんですよ。

そういった部分を僕ら日本人の会社でフォローしていける仕事ができたらなーと思っています。

僕が不便なことはみんな不便なんだ!

僕が行きたい所(男性限定スポット)はみんなが行きたい所だ!

ぐらいの強気な気持ちで、皆様にふつうのベトナム観光じゃ体験できないような体験などをたくさんしてもらえればと思っています。

 

こちらからもたくさんのワクワク情報をご提供させていただきますので、皆様からのご希望、ご要望もどしどしお寄せください!

皆様のリクエストにも可能な限りお応えしたいと思います。

お問い合せはこちらから

 

あっ、もちろん貿易、買い付け・輸入のご依頼も大歓迎ですよ!

ベトナムジャパン http://vietnam-japan.jp/

 

以上、境でした。

ちなみに画像はスイティエン公園に行って、電気で動くガイドカー?に乗った時の写真です。
前に乗ってる人(画像右)は、弊社スタッフのふとっちょトゥイです。

ダイエット中ですが、お昼ごはんの10分前に我慢できないって言って、パンにかぶりついてました。

ベトナム旅行情報局