旅ベト

ベトナムからの買い付け、輸入などをお考えのお客様はこちらをご覧ください!!
ベトナムからの輸入、買い付け、貿易はベトナムジャパンへ

ベトナムでの通訳、観光ガイド、ショッピングガイド他ガイドサービスはベトナム旅行情報局まで

ベトナムドンと日本円を自動変換-ベトナム旅行情報局のレート自動変換ツール-

日本円とベトナムドンを簡単変換

※計算結果は四捨五入されています

※弊社のレート変換システムは為替レートの正確性を保証しておりません。
実際に為替レートの変更によって影響を受ける取引を行う際は、現在のレートを確認してください。

ベトナムのホーチミン、ハノイの天気

ベトナムの天気

ベトナム北部のハノイ、中部のダナン、南部のホーチミン。
ベトナム三大都市の今現在の天気です。

北部ハノイは夏は高温多湿となり、冬は比較的涼しく、南部ホーチミンは1年中常夏で日差しも強いです。

南国アイランドトリップ(フーコック島)

 

皆さま、こんにちは。
ベトナム旅行情報局のシモジョウです。

 

残暑の日本、いかがお過ごしでしょうか?

 

ベトナム南部は雨季の中盤となり、日中 まだ晴れの感覚が長いのですが、通年通りでしたら、これから後半にかけ、雨(スコール)の時間が相対的に長くなることでしょう。

 

そうなると青空が恋しくなるのは、間違いありません。
乾季は気温も高くなりますが、抜けるような青空は文句なしに気持ちがいいものです。

 

 

jouhou.com0274

特に海辺のリゾート環境下では、乾季の時期の渡航が好ましく、理想的です。

 

今日はそんな乾季にお勧めのリゾート地  フーコック(Phu Quoc)島をサラりとですがご紹介。

 

フーコック島は、ホーチミンから南西にあるベトナム最大の離島で、メコンデルタ地域最西端に位置する隣国カンボジアと国境の島でもあります。

 

 

jouhou.com0268

フランスの統治下から流刑地として利用されていましたが、近年は美しいビーチと豊かな自然がベトナム人を始め、外国のツーリストからも注目を集め、急速に観光開発やインフラ整備が進み、南国リゾート化が図られている島でもあります。

 

メコンデルタ地域の西岸やカンボジアからフェリーなどでもフーコック島には赴けますが、一般的な海外からの観光客はベトナムの主要空港から国内線で向かう方が好ましいでしょう。

 

 

jouhou.com0273

ホーチミンからも毎日定期便が数本 往来していまして、1時間のフライトにて現地到着。
LCC(格安航空券)ですと往復1万円前後でいけます。

 

※上記 料金は時期や航空券の手配のタイミングなどにより異なって参ります。

 

 

jouhou.com0269

島内は1周 約130キロくらいですが、幹線道路を除いては島内を周回するような舗装路はなく、空港から程近い 西岸部が中心街となります。

 

交通の便は離島ですから、お世辞にもよくはなく、タクシーやツアー用のバス、運転手付きのレンタカーなどでの移動が選択肢としてあがります。

 

刑務所跡の史跡を巡ったり、滝などの自然観光したり、ナイトマーケットを覗いてみたり、胡椒やヌクマム(漁醤)などの現地の名産品を見学したりと楽しみ方は人それぞれですが、 やはり綺麗なビーチでマッタリと骨休め というのが一番しっくりくるのではないでしょうか。

 

※ナンプラーはタイの方の漁醤の名称です。

 

 

jouhou.com0270
jouhou.com0271

Bai Sao(サオビーチ)や Bai Khem(ケムビーチ)などのビーチでゆったり、西海岸のビーチで夕日観賞。(ベトナムは地理的にサンセットビーチは希少です)

 

様々なサンゴ礁で有名なアントイ諸島(南部)にてダイビングやシュノーケリングなどのアクティビティに興じるのも思い出深いやもしれません。

 

 

jouhou.com0272

空港は隣国からの離発着もある影響にて、移築され、とてもキレイです。

 

タイやカンボジアへの国際線もあるので、経由地として数日立ち寄るのも選択肢かもしれませんね。

 

因みに旧空港跡地は中心街の外れにそのまま残っていて、滑走路を歩けるのは、個人的には興味深かったですね。(笑)

 

 

jouhou.com0275

ハイシーズンは9月後半から3月にかけてで、ベストシーズンは本格的に乾季に入る11月後半からとなります。

 

フーコックの方には、申し訳ないのですが、この島は乾季の青空の下に赴くことに価値がある気が個人的にはしていまして、雨季の時期はあまりお勧めは出来かねますので、参考程度にお出かけの時期は頭の隅に置いていただければ幸いです。

 

 

ベトナムをご訪問されて、お目当ての場所が分からない、言葉が不安、値段交渉、バイクが怖くて道が渡れない、観光地へのご案内などございましたら、ご要望に応じて弊社がサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

 

以下 お問い合わせ先です。

日本からのお問い合わせ先 TEL:092-408-5505
もしくは現地 ホーチミン事務所 TEL:+84-28-3820-3917

 

※ベトナムにお電話をいただく際は、現地スタッフは日本語でご対応いたしますので安心してお問い合わせ下さい。
皆さまからのご連絡、ご相談お待ちしております。

 

砂の上のリゾート

 

皆さま、シンチャオ。

ベトナム旅行情報局のシモジョウです。

 

 

さて、今年も残すところ、1ヶ月弱。
いやはや あっという間です、ホント文字通りに。

 

 

日本は、秋を通り越して、そろそろ冬支度でしょうか?
年末年始も迫ってきて、寒い日本を飛び出すなど旅行計画を練られている方も多いことでしょう。

 

 

shiire-com0177

ベトナムは旧正月(太陰暦=ルナカレンダー)がメインなので、西暦(太陽暦)は、元旦のみ休み(祝日)ということで、街はほとんど通常通りに機能しています。

 

 

なので、凍える日本を離れ、乾季の南国の空の下でゆっくり過ごすのもいい選択かと思われます。

そういう流れですと、耳に心地いいのがリゾートという響き。
ここ最近 ベトナム南部の穴場リゾートとして注目が集まっているのが「ムイネー」

 

 

shiire-com0174

ファンティエットという地方都市から海岸沿いを東に向かうと現れるビーチがムイネーで、ローカルの観光地と思いきや、かなりリゾート感あふれる観光地でハイシーズンは朝から観光客で終日賑わっています。

その一因がベトナムでも珍しく、独特の景観を誇る海岸砂丘地帯での砂漠体験。

 

 

shiire-com0179

メインの観光スポットとして知られるムイネー砂丘(ホワイト・サンデューン、イエロー・サンデューン)は朝から大勢の人で混雑しています。

 

 

高低差のある砂丘の斜面を貸し出している簡易のソリで滑るのはなんとも楽しそう。

また、ジープやバギーで砂丘を疾走したり、ダチョウのライド体験などのアクティビティもあるようです。

 

 

ムイネー砂丘の他にホワイト・サンズ(白い砂丘)やスイティエン渓谷など見所も多く、併せて綺麗なビーチでのんびりと過ごすのもいい余暇となることでしょう。

 

 

shiire-com0175

加えて、ムイネーは港町ということで新鮮な魚介類を使った料理も有名で、シーフード好きには胃袋をつかまれる土地でもあります。

ベトナム料理に欠かせない調味料「ヌクマム」の産地でも有名な場所なので、興味がある方は、そちらもチェックしてみてくださいね。

 

 

shiire-com0176

ホーチミンからムイネーまでは北へ250キロ、車で約5時間の道のり。

秘かに人気を集める海と砂丘のリゾート地で、年末年始 南国のリゾート気分に浸ってみるのはどうでしょうか?

 

 

shiire-com0180

素敵な宿も点在しているようですので、吟味の上 事前予約で向かわれてくださいませ。

乾季の青空の下 南国の風が作り出す砂の造形美を見にムイネーへ足を運んでみませんか?

 

 

shiire-com0178

 

ベトナムをご訪問されて、お目当ての場所が分からない、言葉が不安、値段交渉、バイクが怖くて道が渡れない、観光地へのご案内などございましたら、ご要望に応じて弊社がサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

 

以下 お問い合わせ先です。

日本からのお問い合わせ先 TEL:092-408-5505
もしくは現地 ホーチミン事務所 TEL:+84-8-3820-3917

 

※ベトナムにお電話をいただく際は、現地スタッフは日本語でご対応いたしますので安心してお問い合わせ下さい。
皆さまからのご連絡、ご相談お待ちしております。

 

ベトナムの渚事情 in ニャチャン

 

皆さま、シンチャオ。

ベトナム旅行情報局のシモジョウです。

 

 

10月に入り、今年もあと3ヵ月。
1年の3/4が過ぎたのかと思うと、使いまわされた言葉ですが、「光陰矢の如し」といった感覚です。

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

さて、日本は台風シーズン真っ只中ですが、今月からはいよいよ秋が深まっていきます。

 

 

亜熱帯気候のベトナム南部では雨季も終盤に差し掛かり、例年通りであれば来月末くらいから、乾季に入ります。

 

 

shiire-com0163

 

先週はホーチミンを中心に今年最大の雨量となる日があり、バケツをひっくり返したようなスコールが長時間続き、一部の都市機能がマヒしていました。

 

 

道も至る所で冠水し、走っているバイクの車体が1/3くらい水に浸かっていて、なんだか現実離れした光景にただ見守るしかない状況でした。

 

 

まあ、それだけ降られたら、なす術なしでかえって気持ちもいいのですが。

しかし、流石にそろそろ雨(スコール)もうんざりなので、乾季の青空が恋しくなります。

 

 

shiire-com0160

 

本日は青空と砂浜が印象的なベトナムのビーチリゾートのニャチャンを紹介します。

 

 

日本ではまだあまり知られてないようですが、 ニャチャンはベトナム南部、カインホア省の省都

 

 

フランスの統治時代にリゾート地開発が進み、近年ではロシア人の移住が増え、約5kmのニャチャンビーチを中心に今ではダナンなどと同等のベトナムでも指折りのビーチリゾートとなっています。

 

 

 

中心街は欧米や中国からの旅行者が多く、時期によってはベトナムの方も国内旅行で沢山 訪れてくるそうです。

 

 

やはり、青い空と白い砂浜に生い茂る椰子の木という組み合わせは、南国のリゾート気分を盛り上げてくれます。

 

 

特に乾季の頃ですと、空の青さも強調され、海の濁りの少なくなりますので、訪れるにはベストなシーズン

 

 

shiire-com0162

 

観光地や観光名所を巡る慌ただしい旅に疲れた際は、骨休めとしてビーチリゾートでまったりと過ごすのも好ましい選択かと思います。

 

 

最近では、ニャチャンビーチから望める離れ小島であるチェー島をまるごとアミューズメントパークにした「ヴィンパール・ランド」 なども話題を呼んでいるそうで、まだまだニャチャンのリゾート開発熱の機運は高まっていきそうですね。

 

 

shiire-com0159

 

ベトナムの主要都市から国内線(飛行機)でニャチャンまでは、片道 約1時間から1時間半程度のフライトで足を運べます。

 

 

乾季の青い空と白い砂の上でゆっくりとバカンス気分を味わってみてはいかがでしょうか?

 

くれぐれも日焼け対策は万全にてお願いします。(笑)

 

 

shiire-com0161

 

 

ベトナムをご訪問されて、お目当ての場所が分からない、言葉が不安、値段交渉、バイクが怖くて道が渡れない、観光地へのご案内などございましたら、ご要望に応じて弊社がサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

 

以下 お問い合わせ先です。

日本からのお問い合わせ先 TEL:092-408-5505
もしくは現地 ホーチミン事務所 TEL:+84-8-3820-3917

 

※ベトナムにお電話をいただく際は、現地スタッフは日本語でご対応いたしますので安心してお問い合わせ下さい。
皆さまからのご連絡、ご相談お待ちしております。

 

東南アジア 最古のライトハウス

 

皆さま、シンチャオ。

ベトナム旅行情報局のシモジョウです。

 

 

ゴールデンウィークも終わり、その余韻で5月病を発症していませんか?
大型連休となる海外へ足を運ばれる方も多かったでしょうね。

 
ベトナムに観光に来られた方もいらしたのではないでしょうか?
ただ、一口にベトナムといっても南北に長い国ですから、気候や文化も各地域で異なってきます。

 
本日は南部のローカルな観光地をご紹介します。
ビントゥアン省のケーガー小島にあるケーガー灯台

 

shiire.com0089

南国な気候のトロピカルな海にそびえ立つ趣きのある灯台(ライトハウス)は1899年に入植者のフランス人の手により建てられました。

 

大理石をふんだんに使い建築された灯台は、ベトナム国内に留まらず、近隣東南アジア諸国で最も古くて高い灯台として密かな人気を博している観光スポットです。

 

ケーガー小島には小船で定期的に渡れるようになっており、費用は50,000ドン(約250円)くらいでした。
公共の交通機関では、なかなか訪れられない地域にある為 希少な経験となるやもしれません。

 

shiire.com0088

周辺の海や村も素朴で落ち着いた感じで、ベトナムの奥地へ旅をする機会があり、そういうのどかな雰囲気が好きな方は足を伸ばしてみてはいかがでしょうか?

 

ケーガーへは、ファンティエットという地方都市(ビントゥアン省の省都)からバスで1時間弱の道のりです。

 
shiire.com0087

ベトナムをご訪問されて、お目当ての場所が分からない、言葉が不安、値段交渉、バイクが怖くて道が渡れない、観光地へのご案内などございましたら、ご要望に応じて弊社がサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

 

以下 お問い合わせ先です。

日本からのお問い合わせ先 TEL:092-408-5505
もしくは現地 ホーチミン事務所 TEL:+84-8-3820-3917

 

※ベトナムにお電話をいただく際は、現地スタッフは日本語でご対応いたしますので安心してお問い合わせ下さい。
皆さまからのご連絡、ご相談お待ちしております。

ヴンタウのナイスビューなカフェ

皆さま、シンチャオ。

ベトナム旅行情報局のシモジョウです。

 

 

12月に突入し、日本はもはや冬本番という感じですが、
ベトナムの南部では雨季が終わり、乾季に突入しました。
青々とした空がとても眩しく、気持ちがいい時期になります。

 

 

shiire.com0068

免許の切り替えやバイクの購入を終え、本格的にツーリングの準備が整ったわたしは週末を使い

ホーチミンから程近いビーチリゾートのヴンタウへ2度目の訪問をしてみました。

 

前回はバスでの訪問だったのですが、やはり自由に動ける乗り物(バイク)での移動はいいものです。
途中 寄り道を何度も繰り返し、到着したヴンタウのバックビーチで潮風に吹かれながら晩酌。

 

 

shiire.com0066

翌日は早朝に起床し、ビーチサイドで朝日を拝み、心も体も健やかになる週末。
都会の便利な暮らしも悪くはないですが、自然に触れると心身ともにリセットできる

気分になるのは人間の本質的なものなのかもしれません。

 

個人的にヴンタウを訪れた際に足を運びたいのが街のシンボルでもある

キリスト像がそびえるニョー山の中腹にあるカフェ。

 

 

shiire.com0067

ヴンタウ市内を一望できる見晴らしは素敵ですし、海からの風が気持ちよくもあります。
今回もヴンタウを離れる前に一息つかせてもらいマッタリしていました。

 

 

次回の訪問の際はニョー山の向かいにあるタオフン山にも足を運んでみたいものです。
アウトドア好きにはヴンタウはとても魅力がある街に映るはずです。

 

 

shiire.com0069

しかし、乾季の時期は日差しも強いので、くれぐれも日焼け対策はぬかりなく。
油断すると日焼けではなく、怪我の域に達しますので。

 

ホーチミンからの週末トリップには、やはりお勧めの土地です、ヴンタウ。

 

名前

SON DANG QUAN

住所

28A HAI DANG F2 TP. VUNG TAU

電話

091-991-8844

ジャンル

カフェ

詳細

ヴンタウのニョー山にあるライトハウス(灯台)手前のカフェ

言語

英語・ベトナム語

 

ベトナムをご訪問されて、お目当ての場所が分からない、言葉が不安、値段交渉、バイクが怖くて道が渡れない、観光地へのご案内などございましたら、ご要望に応じて弊社がサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

 

以下 お問い合わせ先です。

日本からのお問い合わせ先 TEL:092-408-5505
もしくは現地 ホーチミン事務所 TEL:+84-8-3820-3917

 

※ベトナムにお電話をいただく際は、現地スタッフは日本語でご対応いたしますので安心してお問い合わせ下さい。
皆さまからのご連絡、ご相談お待ちしております。

ホーチミン近郊のビーチリゾート

皆さま、シンチャオ。

ベトナム旅行情報局のシモジョウです。

 

10月も半ばを過ぎ 思えば、もう今年も2ヶ月弱。
言い尽くされた言葉ですが、時の流れは早いものです。

 
shiire.com027

日本は残暑が終われば、秋から冬へと四季は駆け足で移り変わっていきますね。
縦長の国土を持つベトナムは南北で気候が異なります。

 

北部は四季があるのに対し、南部は雨季と乾季の熱帯気候となり、
現在 雨季の真っ只中。

 

まあ、雨季と言っても日本の梅雨とは違い、1日降り続く雨というよりは
スコールという形で一定の時間 バケツの水を引っくり返したような激しい雨が降り注ぎます。

 

そして、南部は時期によって差もありますが、1年を通じて温暖で朝晩で

20度前半から30度前半までの温度を行き来しています。

 
shiire.com0025

これから、寒くなる日本。寒いのが苦手な方は早くも夏が恋しいのではないでしょうか?
さて、今回は年中 常夏のベトナム南部のビーチリゾートであるヴンタウ(ブンタウ)のご紹介です。

 
shiire.com0030

ホーチミンからバスや船で数時間で行ける手軽なビーチリゾートのヴンタウ。
フロントビーチバックビーチという二つのビーチに海からせり上がる丘には

灯台(ライトハウス)と街のシンボルとしても有名なキリスト像。

 
shiire.com0032

青い空と海に美味しい海鮮料理とちょっとした週末旅行には最適な場所です。
ホーチミンにご滞在の際 時間に余裕があるようであれば足を伸ばしてみてはいかがでしょうか?

 
shiire.com0029

特に来月の末には雨季が終わり、再び乾季がやってきます。
海水の透明度もあがりますし、何よりも乾季のベトナム ローカル地域の青空は気持ちがいいくらい真っ青です。

 
shiire.com0028

朝焼けのバックビーチやそのビーチを見渡すライトハウスの手前のカフェでまったりというが個人的にはお勧めです。

 
shiire.com0031
乾季のヴンタウ、ホーチミン観光とセットでご検討されると好ましいかと思います。
くれぐれも日焼け対策は十分に行ってお出かけくださいませ。

 

ベトナムをご訪問されて、お目当ての場所が分からない、言葉が不安、値段交渉、バイクが怖くて道が渡れない、観光地へのご案内などございましたら、ご要望に応じて弊社がサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

 

以下 お問い合わせ先です。

日本からのお問い合わせ先 TEL:092-408-5505
もしくは現地 ホーチミン事務所 TEL:+84-8-3820-3917

 

※ベトナムにお電話をいただく際は、現地スタッフは日本語でご対応いたしますので安心してお問い合わせ下さい。
皆さまからのご連絡、ご相談お待ちしております。

1 / 212