旅ベト

ベトナムからの買い付け、輸入などをお考えのお客様はこちらをご覧ください!!
ベトナムからの輸入、買い付け、貿易はベトナムジャパンへ

ベトナムでの通訳、観光ガイド、ショッピングガイド他ガイドサービスはベトナム旅行情報局まで

ベトナムドンと日本円を自動変換-ベトナム旅行情報局のレート自動変換ツール-

日本円とベトナムドンを簡単変換

※計算結果は四捨五入されています

※弊社のレート変換システムは為替レートの正確性を保証しておりません。
実際に為替レートの変更によって影響を受ける取引を行う際は、現在のレートを確認してください。

ベトナムのホーチミン、ハノイの天気

ベトナムの天気

ベトナム北部のハノイ、中部のダナン、南部のホーチミン。
ベトナム三大都市の今現在の天気です。

北部ハノイは夏は高温多湿となり、冬は比較的涼しく、南部ホーチミンは1年中常夏で日差しも強いです。

潜入・サルの楽園(カンザー)

 

皆さま、こんにちは。
ベトナム旅行情報のシモジョウです。

 

ベトナム南部はすっかり雨季となり、日中 スコールが降るようになりました。

ただ、日本の梅雨のような1日シトシトと降るような感じではないので、一時的にしのげれば生活に支障はない感じです。

 
それに都市部を除く、農村にとっては恵みの雨ですし。

 

まあ、スコールにあたった際は、傘も役に立たないくらいズブ濡れになるのですが、、。

場面によっては開き直れるので、びしょ濡れで騒ぎたくなるスコールハイに陥ることもあるとかないとか。(笑)

 

jouhou.com0239

さて、そんな雨季の中 ホーチミンから少し遠出をして、実しやかに囁かれるお猿さんの楽園に先日 潜入してきました。

 

そこは、ホーチミンから南下した場所に位置するカンザーにある 「モンキーアイランド」 、 車で約2時間弱の移動(ホーチミン発)となります。

 

jouhou.com0249

jouhou.com0248

入場料は 大人1名 70,000ドン=約350円 。(2017年5月現在)

 

チケット販売所を過ぎ、少し移動すると道端にはお猿さんが早速 登場。
なんだか、テンションが上がります。

 

 

jouhou.com0247

しかし、このお猿さん方、半分野生ですが、観光客慣れはしていて、態度がでかい。(苦笑)

※基本 野生の動物は人間を避ける傾向があります。(例外あり)

 

そういうこともあり、写真撮影には快く応じてくれるものの油断をすれば、持ち物を強奪される可能性もあります。

 

わたしは、バックパックの横にさしていたペットボトルを奪われそうになり、レンジャーらしき係員から、注意するように則され、身に着けていた帽子やサングラスなどに関しても指導されました。(全てベトナム語でしたが)

 

 

jouhou.com0242

よく聞くと、施設内で流れている放送(ベトナム語+英語)では、食料や飲料などはバッグの中に隠すように指示が出ています。

 

小猿さん方はかわいいく、人が寄ってくると「逃げろぉ」て感じで散っていくのですが、餌付けされた大人のお猿さんは「なんか持ってないのか?」みたいな感じで完全にアウトローな雰囲気ですから、正直 気が気ではなかったです。

 

 

jouhou.com0243

「モンキーアイランド」では、ベトナム戦争時にカンザーで行われた戦闘の詳細を伝える博物館も併設し、マングローブの小川を船(ボート)で周遊することもできるので、お猿さん以外にも見所があるように感じます。

 

 

jouhou.com0244

jouhou.com0245

モンキーアイランドから海岸線までも程近く、ビーチからは河と海を挟んだ対岸のヴンタウも見渡せ、大河と海と陸のパノラマが広がっていますので、ホーチミンからモンキーアイランドへの立ち寄り、カンザーの海岸沿いでゆっくりマッタリというローカル観光もありなんではないでしょうか?

 

ただし、くれぐれもモンキーアイランドのボス猿さん方にはお気をつけくださいませ。

 

 

jouhou.com0241

jouhou.com0246

施設の職員の方が餌を巻いたその時 仁義無き闘いと狂喜を目の当たりにして、ちょっぴり背筋に嫌な汗が流れましたよ。(笑)

 

 

jouhou.com0240

 

名前

モンキーアイランド(Cong ty du lich sinh thai Can Gio)

住所

Thanh Thoi, Long Hoa , Can Gio Ward,HCMC, VN

電話

08-3874-3334  ※ベトナム国外からは+84が必要

ジャンル

観光複合施設

詳細

ホーチミン近郊の観光スポット

言語

英語・ベトナム語

 

ベトナムをご訪問されて、お目当ての場所が分からない、言葉が不安、値段交渉、バイクが怖くて道が渡れない、観光地へのご案内などございましたら、ご要望に応じて弊社がサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

 

以下 お問い合わせ先です。

日本からのお問い合わせ先 TEL:092-408-5505
もしくは現地 ホーチミン事務所 TEL:+84-8-3820-3917

 

※ベトナムにお電話をいただく際は、現地スタッフは日本語でご対応いたしますので安心してお問い合わせ下さい。
皆さまからのご連絡、ご相談お待ちしております。

 

版画の工芸村(ドンホー)

 

皆さま、シンチャオ。
ベトナム旅行情報のシモジョウです。

 

旧暦のお正月が明けましたが、まだ街はマッタリムード。
今週から徐々にベトナムは日常を取り戻していく感じです。

 

 

shiire.com0222

年末中は、風物詩として街頭で見受けられた新年(テト)の期間中に家庭に飾る「書き初め(初硯)」の作成、販売。

 

新年の縁起物として、ベトナムに古くから伝わる「しきたり」「験担ぎ」の1つですが、この時期にもう一つ珍重されるものが、ドンホー版画

 

 

shiire.com0219

海外でも高い評価を得るベトナムの伝統工芸のひとつで、近年はお土産としても知名度を高めつつあります。

 

ドンホー版画が制作されているのは、首都ハノイから北方36kmにあるバクニン省のドンホー村で、 ハノイ周辺の工芸村の一つとして有名です。

 

 

shiire.com0216

その歴史は11世紀に宋代の中国から伝来されたと言われ、次第にベトナム独自の芸術として発展、確立し現代に至っているそうです。

 

しかしながら、時代の流れもあり現在では村でも数軒しか制作を行っているところはなく、代々伝わる版木を用いてほとんどが家族で経営しているとのことです。

 

※現在の村の主要産業は紙製冥器と呼ばれる、紙で作られたお金や服、家、車などの模型で、故人の供養で使用される供物です。

 

 

shiire.com0218

私が訪ねたのは、ドンホー版画文化交流センターという所で、彫りから印刷までの工程を間近で見ることができました。

 

版画の展示や購入スペースもあり、伝統工芸に触れてみたいと思われる方は足を運んでみてください。

 

 

shiire.com0217

日本と同様に時代の流れで伝統工芸を引き継ぐ若手や後進の育成が難しい面がベトナムもあるように見受けられますが、文化の保護の為にも古き良きものを守っていってもらいたいものです。

 

個人的には、ハノイ市からドンホー村へ向かう景色がのどかでどこか懐かしい感じがして気に入ってしまいました。

 
ベトナムのローカル地域で、ちょっぴりディープなベトナム文化に触れてみませんか?

 

 
shiire.com0221
 

名前

Folklore Exchange Center Dong Ho Painting

住所

Dong Khe, Song Ho village, Thuan Thanh district, Bac Ninh province.

電話

024-1386-5308  ※ベトナム国外からは+84が必要

ジャンル

文化交流センター

詳細

ドンホー版画

言語

ベトナム語

 

 

shiire.com0223

ベトナムをご訪問されて、お目当ての場所が分からない、言葉が不安、値段交渉、バイクが怖くて道が渡れない、観光地へのご案内などございましたら、ご要望に応じて弊社がサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

 

以下 お問い合わせ先です。

日本からのお問い合わせ先 TEL:092-408-5505
もしくは現地 ホーチミン事務所 TEL:+84-8-3820-3917

 

※ベトナムにお電話をいただく際は、現地スタッフは日本語でご対応いたしますので安心してお問い合わせ下さい。
皆さまからのご連絡、ご相談お待ちしております。

 

ハノイ発 陸のハロン湾への日帰りツアー (ニンビン)

 

皆さん、チュックムンナンムイ(Chúc mừng năm mời)。

※ベトナム語での新年の挨拶

ベトナム旅行情報局のシモジョウです。

 

 

ベトナムでは、旧正月が明け(太陰暦の元旦は太陽暦の1月28日)、新年がスタートしました。

日本人としては太陽暦(西暦)の正月に次ぐ、正月でやはり些かの違和感は拭い去れません。

さて、本日は太陽暦(西暦)の正月休みの際に出向いたニンビンをご紹介します。

 

 

shiire.com0212

ベトナムの首都ハノイから車で2時間弱の距離にあるニンビン
陸のハロン湾とも称される世界遺産に認定されている景観地を含むベトナムを代表する観光スポットです。

 

観光地としては、大きく2つのコースに分かれまして、「陸のハロン湾のタムコック&古都ホアルー」「東南アジア最大の仏教寺院・ハイディン寺&チャンアン名勝・遺跡群」

 

今回は、比較的 日本人に好まれるという「陸のハロン湾のタムコック&古都ホアルー」の方へ行って参りました。

 

 

shiire.com0205

先ずは、古都ホアルーへ。
ホアルーは、1010年にハノイに首都(世界遺産タンロン皇城)が移されるまでベトナムの首都だった都です。

※その後 首都機能はハノイから中部のフエに移されるのが大まかなベトナムの遷都の歴史。

 

 

shiire.com0204

ホアルーはかつての王宮跡が修復&保存され、現在 国の重要文化財に指定されています。
内部の格式ある建物にはベトナム皇帝や皇族たちが祭られています。

 

特にベトナム北部は中国から侵略の影響もあり、文化的にも中国の影響が色濃く伺えます。
歴史に興味がある方は、是非 足を伸ばしてみてくださいませ。

 

 

shiire.com0206

そこから、陸のハロン湾と称される景観地のタムコックへ移動。
2時間程、地元の船頭さんが操作する小船で川下りの遊覧へ出かけます。

 

 

shiire.com0211

世界で最も若いカルスト地形が隆起する雄大な景色を見ながら、道中はホントにマッタリな感じで、これぞベトナムの原風景といった印象。

 

3つの洞窟を抜け、折り返し地点で待っているのは、物売りの方々。
「船頭さんが1時間漕いで疲れているから、なんか買ってあげて」との殺し文句にやや心が動きますが、船頭さんからは後でチップをねだられると考え、物売りのおば様方には終始、笑顔でNOを貫きます。

 

 

shiire.com0210

因みに船頭さんの中には、オールを足で器用に漕ぐ方もいらっしゃり、見ていて面白かったです。
確かに手で漕ぐよりは、省エネかもしれないし、手が疲れた際に休ませることができるから効率的なのかなとベトナム式の生産性を感じた瞬間でもあります。

 

加えて、足でオールを操作して、写真を撮り、販売してくれるサービスのおじ様とも出会い(捉まり)まして、見事にほぼ強制的な感じで写真を買わされました、、。

 

 

shiire.com0207

物売りも含め、この程度の営業は金額的にもかわいいものですし、その人の現金収入になるならと、私自身は観光地にお金を落とすようにしています。

 

勿論 2時間頑張って漕いでもらった船頭のおば様にも小額ながらチップをお支払いしました。

 

まあ、あからさまなボッタくりには、断固としてNOなんですが。
その人の今後のためにもならないですしね。

 

 

shiire.com0209

タムコックで川下りの後は、隣接するお寺( ビックドン)を案内してもらい、ハノイへ帰着。
日帰りの体験型のツアーとしては、いい内容かなと個人的には感じましたね。

 

ハロン湾は、些か日帰りでは遠いですし、ハノイの近場でベトナムらしさを味わいたいならニンビンはお勧めのスポットです。

次の機会は、ハイディン寺とチャンアン名勝・遺跡群を巡りたいと思います。

 
この時期 北部(ハノイ近郊)は雨は降らないのですが、冬で曇りの日が多いので、晴れの日に観光を希望の場合は、10月などが好ましいそうですね。

 

 

shiire.com0208

弊社から提携の旅行会社にてプライベートツアーもご案内できますので、興味のある方は下記リンクをお確かめいただき、お問い合わせ、ご相談くださいませ。

 

 

陸のハロン湾のタムコック&古都ホアルーへの観光

http://tabiviet.com/?p=523

 

東南アジア最大の仏教寺院・ハイディン寺&チャンアン名勝・遺跡群への観光
http://tabiviet.com/?p=529

 

 

shiire.com0213

 

ベトナムをご訪問されて、お目当ての場所が分からない、言葉が不安、値段交渉、バイクが怖くて道が渡れない、観光地へのご案内などございましたら、ご要望に応じて弊社がサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

 

以下 お問い合わせ先です。

日本からのお問い合わせ先 TEL:092-408-5505
もしくは現地 ホーチミン事務所 TEL:+84-8-3820-3917

 

※ベトナムにお電話をいただく際は、現地スタッフは日本語でご対応いたしますので安心してお問い合わせ下さい。
皆さまからのご連絡、ご相談お待ちしております。

 

砂の上のリゾート

 

皆さま、シンチャオ。

ベトナム旅行情報局のシモジョウです。

 

 

さて、今年も残すところ、1ヶ月弱。
いやはや あっという間です、ホント文字通りに。

 

 

日本は、秋を通り越して、そろそろ冬支度でしょうか?
年末年始も迫ってきて、寒い日本を飛び出すなど旅行計画を練られている方も多いことでしょう。

 

 

shiire-com0177

ベトナムは旧正月(太陰暦=ルナカレンダー)がメインなので、西暦(太陽暦)は、元旦のみ休み(祝日)ということで、街はほとんど通常通りに機能しています。

 

 

なので、凍える日本を離れ、乾季の南国の空の下でゆっくり過ごすのもいい選択かと思われます。

そういう流れですと、耳に心地いいのがリゾートという響き。
ここ最近 ベトナム南部の穴場リゾートとして注目が集まっているのが「ムイネー」

 

 

shiire-com0174

ファンティエットという地方都市から海岸沿いを東に向かうと現れるビーチがムイネーで、ローカルの観光地と思いきや、かなりリゾート感あふれる観光地でハイシーズンは朝から観光客で終日賑わっています。

その一因がベトナムでも珍しく、独特の景観を誇る海岸砂丘地帯での砂漠体験。

 

 

shiire-com0179

メインの観光スポットとして知られるムイネー砂丘(ホワイト・サンデューン、イエロー・サンデューン)は朝から大勢の人で混雑しています。

 

 

高低差のある砂丘の斜面を貸し出している簡易のソリで滑るのはなんとも楽しそう。

また、ジープやバギーで砂丘を疾走したり、ダチョウのライド体験などのアクティビティもあるようです。

 

 

ムイネー砂丘の他にホワイト・サンズ(白い砂丘)やスイティエン渓谷など見所も多く、併せて綺麗なビーチでのんびりと過ごすのもいい余暇となることでしょう。

 

 

shiire-com0175

加えて、ムイネーは港町ということで新鮮な魚介類を使った料理も有名で、シーフード好きには胃袋をつかまれる土地でもあります。

ベトナム料理に欠かせない調味料「ヌクマム」の産地でも有名な場所なので、興味がある方は、そちらもチェックしてみてくださいね。

 

 

shiire-com0176

ホーチミンからムイネーまでは北へ250キロ、車で約5時間の道のり。

秘かに人気を集める海と砂丘のリゾート地で、年末年始 南国のリゾート気分に浸ってみるのはどうでしょうか?

 

 

shiire-com0180

素敵な宿も点在しているようですので、吟味の上 事前予約で向かわれてくださいませ。

乾季の青空の下 南国の風が作り出す砂の造形美を見にムイネーへ足を運んでみませんか?

 

 

shiire-com0178

 

ベトナムをご訪問されて、お目当ての場所が分からない、言葉が不安、値段交渉、バイクが怖くて道が渡れない、観光地へのご案内などございましたら、ご要望に応じて弊社がサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

 

以下 お問い合わせ先です。

日本からのお問い合わせ先 TEL:092-408-5505
もしくは現地 ホーチミン事務所 TEL:+84-8-3820-3917

 

※ベトナムにお電話をいただく際は、現地スタッフは日本語でご対応いたしますので安心してお問い合わせ下さい。
皆さまからのご連絡、ご相談お待ちしております。

 

月光とランタンに照らされて in ホイアン

 

皆さま、シンチャオ。

ベトナム旅行情報局のシモジョウです。

 

 

明日から10月、日本は いよいよ本格的に秋めいてくる頃。
秋は四季の中で、もっとも日本らしい風情を感じる時期と思っております。

 

 

shiire-com0151

 

本日はベトナムらしい風情を感じられる中部のホイアンをご紹介します。

 

 

ホイアンはベトナム戦争で町並みを破壊されることなく、古く赴きのある建物が並んでいて世界遺産に認定されている街です。

 

 

近頃 全面改修が行われることが決まった街のシンボル的な日本橋を中心にコンパクトながら風情のある町並みが国内外から多くの観光客を呼び込んでいるベトナムを代表する観光地の一つ。

 

 

shiire-com0153

 

日本橋の名前が示すように日本にも馴染みが深い街で、江戸時代に鎖国政策が行われる前のホイアンは国際貿易都市として日本人街があり、日本の貿易商などが主に海を渡り、他の国の同業者と一緒に暮らしていました。

 

 

因みに日本橋を渡る際は費用が必要でENTRACE TICKETが120,000VND(約600円)にて販売されています。(2016年8月時点)

 

 

shiire-com0152

 

お昼の青空の下 映えるカラフルな建物も異国情緒がありますが、夜のホイアンの街はランタンで彩られ、昼とは違う顔を見せてくれます。

 

 

特に満月となる毎月旧暦の14日はランタン祭りが開催され、家々の電気が消され、ランタン(提灯)の明かりだけで街は照らされ幻想的な夜となるそうです。

 

 

shiire-com0154

 

都会的な洗練された建物も悪くはないですが、古い町並みを満月とランタンに照らされ、異国情緒を味わいながら散歩と洒落込むのも素敵な思い出となることでしょう。

 

ホイアンへは中部の主要都市のダナンから、車で1時間で訪れることができますので、是非 ホイアンに1泊してベトナムらしい風情を味わってみるもの一興です。

 

 

shiire-com0155

以下 ホイアンのランタン祭りの予定日となります。(2016年9月現在)

 

<2016年>

■10月14日(金)

■11月13日(日)

■12月12日(月)

 

shiire-com0157

 

<2017年>

■1月11日(水)

■2月10日(金)

■3月11日(土)

■4月10日(月)

■5月9日(火)

■6月8日(木)

 

※天候や諸事情にて予定が変更になる可能性もありますので、ご訪問前に再度 ご確認ください。

 

※旧正月は、上記 ランタン祭りとは異なりますが、街がランタンで彩られているそうです。

 

 

ベトナムをご訪問されて、お目当ての場所が分からない、言葉が不安、値段交渉、バイクが怖くて道が渡れない、観光地へのご案内などございましたら、ご要望に応じて弊社がサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

 

以下 お問い合わせ先です。

日本からのお問い合わせ先 TEL:092-408-5505
もしくは現地 ホーチミン事務所 TEL:+84-8-3820-3917

 

※ベトナムにお電話をいただく際は、現地スタッフは日本語でご対応いたしますので安心してお問い合わせ下さい。
皆さまからのご連絡、ご相談お待ちしております。

 

大自然に囲まれたホテル

皆さま、シンチャオ。

ベトナム旅行情報局のシモジョウです。

 

 

雨季もぼちぼちと本格化し始めたベトナム南部。
ビューと強い風が吹いたなと思えば、バケツをひっくり返したようなスコールに襲われます。

 

 

shiire.com0129

現地の人はその風が吹いたら雨支度を整え始めますので、観光の際は

スコール対策のバロメーターにしてみてはいかがでしょうか?

 

 

さて、都会ではうんざりするスコール(雨)も自然には恵みであることは確か。
雨季にきちんと降ってくれないと次の乾季は大変なことになります。

 

 

shiire.com0128

本日は雨季が育む自然の宝庫の1つ「カッティエン国立公園」のホテルをご紹介。

 

 

カッティエン国立公園はベトナム南部を代表する自然保護区で、広大(約720平方キロメートル)な敷地の中に

サイやトラなど絶滅寸前の危機にある希少な種を含む野生動物が約100種、鳥類 約400種、植物 約1800種

以上が 共生しているベトナム南部の自然生態系の縮図のような保護区です。

 

 

shiire.com0127

園内には、いくつかホテルやロッジがあり、宿泊若しくは滞在という形で

ベトナムの自然を観察、堪能することができる場所となります。

 

 

わたくしが滞在した際は、ハイシーズンだったので一番安いロッジで

宿泊費は1泊700,000ドン(約3,500円)でした。

 

 

shiire.com0124

※通常より20%の割り増し料金で、その他 入場料やバイクで行ったので駐輪代金が加算されます。

 

 

※手配に業者を使う場合は、手配料(中間費用)が別途 発生します。

 

 

shiire.com0125

流石にロッジの中まではWIFIはありませんでしたが、近くの食堂までいけば

WIFIも完備しており、インターネットはできます。

 

 

ただ、せっかくの大自然の中 たまには完全にネットをオフにして、

夜は満天の星空や虫の声、朝は鳥の囀りを楽しむ方が好ましい気がします。

 

 

shiire.com0126

園内は広大ですので、宿泊先のホテルやロッジからの移動は貸し出しを行っている自転車やガイドと運転手を伴った車をチャーターしたりする方が、時間を有効的に使えるでしょう。

 

 

南部の観光の拠点ホーチミンからカッティエン国立公園までは、およそ170キロの道のりで、車で片道4時間程度で足を運べますので、宿泊型のショートトリップをお楽しみください。

 

 

shiire.com0122

ただ、前述した通りトラやサイなどの獰猛な動物もいるということなので、一人歩きの際には十分にご注意を。

 

 

無論 便利な都会のホテルと比べれば不便な面は多々ありますが、

ラグジュアリさを求めるばかりが宿泊先を定める決め手ではありません。

 

 

時には都会の喧騒を離れ、自然に囲まれ不便に過ごすことも現代人にとっては贅沢な時間の使い方だと思います。

 

 

shiire.com0123

最後に豆知識を1つ。
園内には、ワニの湿地と呼ばれるラムサール条約に登録された湿地がありますが、ベトナムでは現在

ワニは保護区のそのような場所か特定の場所しかおらず、一般的な川にはいないそうです。

 

 

乾季の青空の下の大自然もいいですが、雨季の雨露がしたたる森の濃い空気を吸いながら

ベトナムならではの生態系を見るために散策するのも一興かもしれません。

 

 

shiire.com0131

 

名前

カッティエン国立公園(Cat Tien National Park)

住所

Nam Cat Tien Com, Tan Phu Dist, Dong Nai Prov, Vietnam

電話

+84-61-3669-228

ジャンル

自然保護区・ホテル/ロッジ

詳細

http://namcattien.vn/

言語

英語・ベトナム語

 

ベトナムをご訪問されて、お目当ての場所が分からない、言葉が不安、値段交渉、バイクが怖くて道が渡れない、観光地へのご案内などございましたら、ご要望に応じて弊社がサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

 

以下 お問い合わせ先です。

日本からのお問い合わせ先 TEL:092-408-5505
もしくは現地 ホーチミン事務所 TEL:+84-8-3820-3917

 

※ベトナムにお電話をいただく際は、現地スタッフは日本語でご対応いたしますので安心してお問い合わせ下さい。
皆さまからのご連絡、ご相談お待ちしております。

 

1 / 6123...最後 »