旅ベト

ベトナムからの買い付け、輸入などをお考えのお客様はこちらをご覧ください!!
ベトナムからの輸入、買い付け、貿易はベトナムジャパンへ

ベトナムでの通訳、観光ガイド、ショッピングガイド他ガイドサービスはベトナム旅行情報局まで

ベトナムドンと日本円を自動変換-ベトナム旅行情報局のレート自動変換ツール-

日本円とベトナムドンを簡単変換

※計算結果は四捨五入されています

※弊社のレート変換システムは為替レートの正確性を保証しておりません。
実際に為替レートの変更によって影響を受ける取引を行う際は、現在のレートを確認してください。

ベトナムのホーチミン、ハノイの天気

ベトナムの天気

ベトナム北部のハノイ、中部のダナン、南部のホーチミン。
ベトナム三大都市の今現在の天気です。

北部ハノイは夏は高温多湿となり、冬は比較的涼しく、南部ホーチミンは1年中常夏で日差しも強いです。

最後の皇帝の別荘

 

皆さま、シンチャオ。
ベトナム旅行情報局のシモジョウです。

 

連日 ベトナム南西部の避暑地のダラットのご案内をいたしております。

 

さて、今回で一旦 近々のダラットのご報告を終える予定ですが、最後はベトナム  阮(グエン)朝 最後の皇帝バオダイの別荘をご紹介。

 

この皇帝、現代の日本人には馴染みがないかと思いますが、実は日本と関わり合いがあった方なのです。

 

 

jouhou.com0346

時は第二次世界大戦時(大東亜戦争)、当時の日本陸軍(南方軍)は同盟国のナチスドイツがフランスを占領すると共にフランス植民地から独立を試みるベトナムへ南方作戦にて進軍します。

 

※中国とも戦争をしていましたので、中国を取り囲む為(対 中華戦線)とアメリカに太平洋での主導権を与えない為(対 太平洋戦線)にというのが作戦の大筋だったようです。

 

 

jouhou.com0348

現在のシンガポールまでを範囲とした南方への進行作戦の陸軍の拠点として一時的にダラットへ陸軍の総司令部が置かれ、数回の本部転居後 最終的にはダラットで日本陸軍(南方軍)の本部は終戦を迎えます。

 

※南方作戦は、オーストラリア(ダーウィン)まで進軍を試みたものの、アメリカとオーストラリアの連合軍に阻まれ、アメリカ軍との数々の海戦で日本海軍は惨敗。

 

 

jouhou.com0349

海軍力がなくなった日本軍は、陸軍の侵攻がままならず、ダラットの南方軍も取り残される形で終戦(1945年/昭和20年)を迎えました。

 

その時に日本軍の傀儡政権としてベトナム統治の役目を担っていたのが、バオダイ帝だった訳です。

 

■皇帝バオダイ 詳細 ※ウィキペディア参照
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%82%AA%E3%83%BB%E3%83%80%E3%82%A4

 

 

jouhou.com0350

尚、終戦直後にバオダイ帝の帝政をなくし、民主化を進めたのが、今もベトナム人に愛され、ベトナムの象徴ともされる革命家 ホーチミン氏という歴史背景ですね。

 

当時より避暑地だったダラットにバオダイ帝とその家族のために建てられた別荘はフランス様式にて作られており、現在は別荘の殆どの部屋を見学することが可能です。(1938年に建築され、南方軍の影響が及ぶのは1941年前後)

 

当時の皇帝の別荘での暮らしを思い起こさせる家具や調度品、資料などが展示されており、貸衣装(別途有料)にて皇帝気分を満喫することもできます。

 

 

jouhou.com0344

jouhou.com0342

別荘は市街地から少し離れた小高い丘の上に建っており、以前ご紹介したダラット市内の観光名所の「クレイジーハウス」から、程近い場所に位置します。

 

敷地内への入場は20,000ドン(約100円)で、レトロな別荘の建物の他、整備された庭園や馬車、クラシックカーなどダラットの一昔前の印象的な風景として一見してみてはいかがでしょうか。 ※2017年9月現在

 

 

jouhou.com0343

jouhou.com0347

その際 歴史的な背景も踏まえて、訪ねてみると味わいも深まるやもしれません。

 

わたしは、未読なのですが、当時のダラットの様子は女流作家・林芙美子氏の小説「浮雲」にて描写されているそうですので、史実とは些か異なる部分はあるかもしれませんが、時代観などの参考にはなるかもしれませんね。

 

歴史観を持ってその土地を見るというのも観光が持つ側面の1つであり、魅力ではないでしょうか。

 

 

jouhou.com0345

私見ではありますが、ダラット、気候的にも風土的にも、また訪れたいベトナムの土地の一つです。

 

 

jouhou.com0351

 

名前

皇帝バオダイの別荘(管理:NHA KHACH TINH UY LAM DONG)

住所

01 Nguyen Viet Xuan, 4 Ward, Da Lat City, Lam Dong , VN

電話

+84-(0)26-3381-0506  ※ベトナム国外からは+84が必要

ジャンル

歴史的建造物

詳細

ダラット市内の観光スポット

言語

英語・ベトナム語

 

ベトナムをご訪問されて、お目当ての場所が分からない、言葉が不安、値段交渉、バイクが怖くて道が渡れない、観光地へのご案内などございましたら、ご要望に応じて弊社がサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

 

以下 お問い合わせ先です。

日本からのお問い合わせ先 TEL:092-408-5505
もしくは現地 ホーチミン事務所 TEL:+84-28-3820-3917

 

※ベトナムにお電話をいただく際は、現地スタッフは日本語でご対応いたしますので安心してお問い合わせ下さい。

皆さまからのご連絡、ご相談お待ちしております。

 

プレンの滝(ダラット)

 

皆さま、シンチャオ。
ベトナム旅行情報局のシモジョウです。

 

秋といえば、行楽の季節。

 

台風の影響で、今週末からの三連休は生憎の空模様となる予報がありますが、これからの時期 連休も多く 気候も安定するのでお出かけには最適な時期となり、観光地は賑わいをみせることでしょう。

 

ダラット郊外の高原地帯から少し下った場所に、ダタンラの滝とプレンの滝という二大名瀑があり、観光地として賑わっています。

 

 

jouhou.com0333

以前 ダタンラの滝はご紹介したので、この度は プレンの滝の方をご案内いたします。

 

ダラット市街から十数キロ離れ、車で約30分の場所に位置するプレンの滝。

 

 

jouhou.com0324

jouhou.com0326

ホーチミンなどの南部側からダラットへ向かう際には、敷地の真横を通過しますので、迷うことはないでしょう。

 

敷地の入り口のチケット売り場にて30,000ドン(約150円)の入場料を払い、いざ滝を目指します。(2017年9月現在)

 

 

jouhou.com0327

jouhou.com0328

滝は徒歩でも行けますが、ケーブルカーにて真上から滝を横切る形でも向かうことができます。

 

このプレンの滝のポイントは滝の裏に入れることで、流れ落ちる迫力のある流水を間近で眺めることが可能です。

 

 

jouhou.com0330

jouhou.com0331

jouhou.com0332

前述したようにダタンラの滝とは異なり、滝の裏側に入れるプレンの滝ですが、敷地内の周辺環境も違っています。

 

滝に併設する形で観光施設があり、ゾウやダチョウ、ラクダに水牛など様々な動物に触れ合うことができ、別料金で規模は些か小さいですが動物園的なエリアにも立ち入ることができます。

 

jouhou.com0336

jouhou.com0334

jouhou.com0337

緑溢れ、個性的なモニュメントが並ぶ敷地で、ピクニック的に寛ぐのもいいかもしれませんね。

 

また、時間の都合上 今回は訪れられなかったのですが、敷地の奥にはお寺もあり、仏閣巡りもできるようです。

 

 

jouhou.com0335

jouhou.com0340

jouhou.com0338

時期によって滝の水量が異なりますが、雨季の快晴のタイミングで訪ねればプレンの滝もダタンラの滝も魅力的な景観となることは想像できます。

 

ダラットにお越しの際は、マイナスイオンを浴びに滝巡りに繰り出してみてはいかがでしょうか?

 

 

jouhou.com0329

特に動物好きの人は、プレンの滝の方がおまけもついてきて好ましいでしょうね。

 

ダラットは市街地以外にも見所が多く、中期滞在での観光なども面白く、いい思い出となるやもしれません。

 

 

jouhou.com0339

名前

プレンの滝(管理:DALAT TSC)

住所

Route 20, Prenn Pass, Da Lat City, Lam Dong,VN

電話

+84-(0)26-3353-0785  ※ベトナム国外からは+84が必要

HP

http://kdlprenn.com.vn/eng/index.html

ジャンル

レジャー総合施設

詳細

ダラット郊外の観光スポット

言語

英語・ベトナム語

 

ベトナムをご訪問されて、お目当ての場所が分からない、言葉が不安、値段交渉、バイクが怖くて道が渡れない、観光地へのご案内などございましたら、ご要望に応じて弊社がサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

 

以下 お問い合わせ先です。

日本からのお問い合わせ先 TEL:092-408-5505
もしくは現地 ホーチミン事務所 TEL:+84-28-3820-3917

 

※ベトナムにお電話をいただく際は、現地スタッフは日本語でご対応いたしますので安心してお問い合わせ下さい。

皆さまからのご連絡、ご相談お待ちしております。

 

ベトナムの美学へ誘われる工芸村(ダラット)

 

皆さま、シンチャオ。
ベトナム旅行情報局のシモジョウです。

 

日本の季節は、秋目前。
今年の秋は、何の秋にしようとお考えでしょうか。

 

芸術の秋という選択肢がある方もいらっしゃるのでは?

 

今回はダラット市内のベトナムの芸術及び文化に関連する施設をご紹介をいたします。

 

 

jouhou.com0323

XQ刺繍センターというベトナムの特産工芸品である刺繍にスポットを当てたミュージアム的な施設です。

 

中心街から少し離れたダティエン湖の目の前に位置する施設で、外観はこのような感じ。

 

 

jouhou.com0312

jouhou.com0311

チケット売り場にて20,000ドン(約100円)の入場料を払い、施設内へ。(2017年9月現在)

 

※ベトナム語と英語の館内案内(ガイド)がプラス50,000ドン(約250円)にてオプションとしてあるそうです。

 

入場すると色とりどりの刺繍が絵画のように展示されていて、絵と見間違うくらいの精度で様々なデザインが施されています。

 

 

jouhou.com0314

jouhou.com0315

奥には刺繍関連品の販売もされており、時期によってはワークショップも開催されているようです。

 

敷地面積も外観からは想像できないくらい広く、展示の中には日本との関連性を伺わせるものもあり、興味深かったですね。

 

 

jouhou.com0316

jouhou.com0321

jouhou.com0318

ベトナムの手作業系の伝統工芸の職人は、女性の活躍が目ざましく、刺繍はその主たるものの一つかもしれません。

 

ベトナムの女性の歴史や社会的な存在感も刺繍という工芸を通して、垣間見れた気がしました。

 

個人的には施設内の雰囲気がすごく良かったので、ダティエン湖で遊んだ後に小一時間程 休憩も兼ねて訪れ、マッタリ過ごすのもいいのかなと思いましたね。

 

 

jouhou.com0317

jouhou.com0322

jouhou.com0320

ベトナムの文化や美学に触れれるXQ刺繍センター、ダラットにお越しの際は足を伸ばしてみるのも一興かと存じ上げます。

 

因みに同センターが販売する刺繍に関しては、主要都市の系列店舗でも取り扱っているそうですので、ベトナムのお土産品としてご購入を検討されてみてはいかがでしょうか?

 

 

jouhou.com0319

jouhou.com0313

 

名前

XQ刺繍センター(Dalat Historical Village)

住所

258 Mai Anh Dao St, Dalat City, Lam Dong Pro,VN

電話

+84-(0)26-3383-1343  ※ベトナム国外からは+84が必要

HP

http://xqvietnam.com/

ジャンル

伝統工芸村

詳細

ダラット市街の観光スポット

言語

英語・ベトナム語

 

ベトナムをご訪問されて、お目当ての場所が分からない、言葉が不安、値段交渉、バイクが怖くて道が渡れない、観光地へのご案内などございましたら、ご要望に応じて弊社がサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

 

以下 お問い合わせ先です。

日本からのお問い合わせ先 TEL:092-408-5505
もしくは現地 ホーチミン事務所 TEL:+84-28-3820-3917

 

※ベトナムにお電話をいただく際は、現地スタッフは日本語でご対応いたしますので安心してお問い合わせ下さい。
皆さまからのご連絡、ご相談お待ちしております。

 

愛の聖地へ(ダラット)

 

皆さま、シンチャオ。
ベトナム旅行情報局のシモジョウです。

 

日本は残暑もかげり、台風シーズンの到来へ。

 

この時期が過ぎれば、過ごし易い 秋の到来ですね。
それまで、台風の被害などが出ないことを願っています。

 

さて、先日に引き続き 今の時期に過ごし易い高原地域のダラット郊外の名所をご紹介をいたします。

 

 

jouhou.com0309

今回はランビアン山についてです。

 

標高2169mのダラット郊外にあるベトナム南部最高峰を誇る山となります。
登山道もあり、本格的な装備があれば山頂まで登ることも可能です。

 

しかし、人力で登らなくとも標高1950m地点まではジープで一気に登ることができるサービスがあり、展望所から眺望を目の当たりにすることが出来ます。

 

また、ランビアン伝説の発祥の地で、この山は愛の聖地としてもベトナムでは認知されています。

 

 

jouhou.com0301

<ランビアン伝説>

 

ランとビアンという異なる民族の首長の男女。

2人は恋に落ち愛し合うようになりますが、両民族は敵対しており、2人は駆け落ちし、後にランビアン山となるこの山へ。

 

民族の統一を願うも2人は山中で命を落とし、その後 2つの民族は統一されてコホー族という一つの民族になった。

という、ベトナム版のロミオ&ジュリエット的な神話。

 

観光地化された現在は、ランドン旅行会社(Dalat Tourist)が管理、運営をしており、入場料は30,000ドン(約150円)で、ジープは6人貸切で360,000ドン(約1,800円)となっていました。(2017年9月現在)

 

 

jouhou.com0307

jouhou.com0305

少人数で行ってジープを貸切に出来ない場合は、1名60,000ドン(約300円)にて現地で予約し、他のツーリストと相乗りで、ランドン旅行会社(Dalat Tourist)が管理する展望所を目指します。

 

いざ、窓口前の駐車上からジープで出発。
ジープは勢いよく、ワインディングの山道を登っていきます。

 

お陰で左右の揺れが激しく、食後に乗ると些か大変なことになるやもしれません。(わたくし自身 展望所についた時は少し車酔いで気持ち悪かったです、、)

 

 

jouhou.com0306

jouhou.com0297

jouhou.com0298

ただ、展望所は山の開けた場所にあり、ダラット市内や先に紹介したスイバン湖も一望できる見事な眺望。

 

土着の少数民族の衣装などに着替えて記念撮影をするもよし、展望所のカフェでマッタリするもよし、モニュメントを前にランビアン伝説に思いを馳せるも一興かと思います。

 

 

jouhou.com0299

jouhou.com0304

jouhou.com0300

馬や鷹などの動物にも触れ合えるアクティビティもあり、高原の瑞々しい空気に触れながら、天空の散歩を楽しんでみてはいかがですか。

 

体力自慢の方は、ランビアン山の登頂を目指してみるのも良い思い出となることでしょう。

 

その際は、きちんとした装備にてお気を付けて登山を楽しまれてください。

 

 

jouhou.com0302

jouhou.com0303

ランドン旅行会社(Dalat Tourist)の施設の入り口までは、市内(中心街)から十数キロあるので、タクシーかバスにての移動が好ましいかと存じます。

 

ダラットにお越しの際は、愛の聖地へお立ち寄りくださいませ。

 

 

jouhou.com0308

 

名前

ランドン旅行会社(Dalat Tourist)

住所

01 Le Dai Hanh st,Da Lat,Lam Dong.VN

電話

+84-(0)26-3382-3829  ※ベトナム国外からは+84が必要

HP

http://dalattourist.com.vn/

ジャンル

観光複合施設

詳細

ダラット郊外の観光スポット

言語

英語・ベトナム語

 

ベトナムをご訪問されて、お目当ての場所が分からない、言葉が不安、値段交渉、バイクが怖くて道が渡れない、観光地へのご案内などございましたら、ご要望に応じて弊社がサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

 

以下 お問い合わせ先です。

日本からのお問い合わせ先 TEL:092-408-5505
もしくは現地 ホーチミン事務所 TEL:+84-28-3820-3917

 

※ベトナムにお電話をいただく際は、現地スタッフは日本語でご対応いたしますので安心してお問い合わせ下さい。
皆さまからのご連絡、ご相談お待ちしております。

 

潜入・サルの楽園(カンザー)

 

皆さま、こんにちは。
ベトナム旅行情報局のシモジョウです。

 

ベトナム南部はすっかり雨季となり、日中 スコールが降るようになりました。

ただ、日本の梅雨のような1日シトシトと降るような感じではないので、一時的にしのげれば生活に支障はない感じです。

 
それに都市部を除く、農村にとっては恵みの雨ですし。

 

まあ、スコールにあたった際は、傘も役に立たないくらいズブ濡れになるのですが、、。

場面によっては開き直れるので、びしょ濡れで騒ぎたくなるスコールハイに陥ることもあるとかないとか。(笑)

 

jouhou.com0239

さて、そんな雨季の中 ホーチミンから少し遠出をして、実しやかに囁かれるお猿さんの楽園に先日 潜入してきました。

 

そこは、ホーチミンから南下した場所に位置するカンザーにある 「モンキーアイランド」 、 車で約2時間弱の移動(ホーチミン発)となります。

 

jouhou.com0249

jouhou.com0248

入場料は 大人1名 70,000ドン=約350円 。(2017年5月現在)

 

チケット販売所を過ぎ、少し移動すると道端にはお猿さんが早速 登場。
なんだか、テンションが上がります。

 

 

jouhou.com0247

しかし、このお猿さん方、半分野生ですが、観光客慣れはしていて、態度がでかい。(苦笑)

※基本 野生の動物は人間を避ける傾向があります。(例外あり)

 

そういうこともあり、写真撮影には快く応じてくれるものの油断をすれば、持ち物を強奪される可能性もあります。

 

わたしは、バックパックの横にさしていたペットボトルを奪われそうになり、レンジャーらしき係員から、注意するように則され、身に着けていた帽子やサングラスなどに関しても指導されました。(全てベトナム語でしたが)

 

 

jouhou.com0242

よく聞くと、施設内で流れている放送(ベトナム語+英語)では、食料や飲料などはバッグの中に隠すように指示が出ています。

 

小猿さん方はかわいいく、人が寄ってくると「逃げろぉ」て感じで散っていくのですが、餌付けされた大人のお猿さんは「なんか持ってないのか?」みたいな感じで完全にアウトローな雰囲気ですから、正直 気が気ではなかったです。

 

 

jouhou.com0243

「モンキーアイランド」では、ベトナム戦争時にカンザーで行われた戦闘の詳細を伝える博物館も併設し、マングローブの小川を船(ボート)で周遊することもできるので、お猿さん以外にも見所があるように感じます。

 

 

jouhou.com0244

jouhou.com0245

モンキーアイランドから海岸線までも程近く、ビーチからは河と海を挟んだ対岸のヴンタウも見渡せ、大河と海と陸のパノラマが広がっていますので、ホーチミンからモンキーアイランドへの立ち寄り、カンザーの海岸沿いでゆっくりマッタリというローカル観光もありなんではないでしょうか?

 

ただし、くれぐれもモンキーアイランドのボス猿さん方にはお気をつけくださいませ。

 

 

jouhou.com0241

jouhou.com0246

施設の職員の方が餌を巻いたその時 仁義無き闘いと狂喜を目の当たりにして、ちょっぴり背筋に嫌な汗が流れましたよ。(笑)

 

 

jouhou.com0240

 

名前

モンキーアイランド(Cong ty du lich sinh thai Can Gio)

住所

Thanh Thoi, Long Hoa , Can Gio Ward,HCMC, VN

電話

08-3874-3334  ※ベトナム国外からは+84が必要

ジャンル

観光複合施設

詳細

ホーチミン近郊の観光スポット

言語

英語・ベトナム語

 

ベトナムをご訪問されて、お目当ての場所が分からない、言葉が不安、値段交渉、バイクが怖くて道が渡れない、観光地へのご案内などございましたら、ご要望に応じて弊社がサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

 

以下 お問い合わせ先です。

日本からのお問い合わせ先 TEL:092-408-5505
もしくは現地 ホーチミン事務所 TEL:+84-8-3820-3917

 

※ベトナムにお電話をいただく際は、現地スタッフは日本語でご対応いたしますので安心してお問い合わせ下さい。
皆さまからのご連絡、ご相談お待ちしております。

 

版画の工芸村(ドンホー)

 

皆さま、シンチャオ。
ベトナム旅行情報局のシモジョウです。

 

旧暦のお正月が明けましたが、まだ街はマッタリムード。
今週から徐々にベトナムは日常を取り戻していく感じです。

 

 

shiire.com0222

年末中は、風物詩として街頭で見受けられた新年(テト)の期間中に家庭に飾る「書き初め(初硯)」の作成、販売。

 

新年の縁起物として、ベトナムに古くから伝わる「しきたり」「験担ぎ」の1つですが、この時期にもう一つ珍重されるものが、ドンホー版画

 

 

shiire.com0219

海外でも高い評価を得るベトナムの伝統工芸のひとつで、近年はお土産としても知名度を高めつつあります。

 

ドンホー版画が制作されているのは、首都ハノイから北方36kmにあるバクニン省のドンホー村で、 ハノイ周辺の工芸村の一つとして有名です。

 

 

shiire.com0216

その歴史は11世紀に宋代の中国から伝来されたと言われ、次第にベトナム独自の芸術として発展、確立し現代に至っているそうです。

 

しかしながら、時代の流れもあり現在では村でも数軒しか制作を行っているところはなく、代々伝わる版木を用いてほとんどが家族で経営しているとのことです。

 

※現在の村の主要産業は紙製冥器と呼ばれる、紙で作られたお金や服、家、車などの模型で、故人の供養で使用される供物です。

 

 

shiire.com0218

私が訪ねたのは、ドンホー版画文化交流センターという所で、彫りから印刷までの工程を間近で見ることができました。

 

版画の展示や購入スペースもあり、伝統工芸に触れてみたいと思われる方は足を運んでみてください。

 

 

shiire.com0217

日本と同様に時代の流れで伝統工芸を引き継ぐ若手や後進の育成が難しい面がベトナムもあるように見受けられますが、文化の保護の為にも古き良きものを守っていってもらいたいものです。

 

個人的には、ハノイ市からドンホー村へ向かう景色がのどかでどこか懐かしい感じがして気に入ってしまいました。

 
ベトナムのローカル地域で、ちょっぴりディープなベトナム文化に触れてみませんか?

 

 
shiire.com0221
 

名前

Folklore Exchange Center Dong Ho Painting

住所

Dong Khe, Song Ho village, Thuan Thanh district, Bac Ninh province.

電話

024-1386-5308  ※ベトナム国外からは+84が必要

ジャンル

文化交流センター

詳細

ドンホー版画

言語

ベトナム語

 

 

shiire.com0223

ベトナムをご訪問されて、お目当ての場所が分からない、言葉が不安、値段交渉、バイクが怖くて道が渡れない、観光地へのご案内などございましたら、ご要望に応じて弊社がサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

 

以下 お問い合わせ先です。

日本からのお問い合わせ先 TEL:092-408-5505
もしくは現地 ホーチミン事務所 TEL:+84-8-3820-3917

 

※ベトナムにお電話をいただく際は、現地スタッフは日本語でご対応いたしますので安心してお問い合わせ下さい。
皆さまからのご連絡、ご相談お待ちしております。

 

1 / 7123...最後 »