カテゴリー別アーカイブ: 旅エリア

マングローブの森へ(カンザー)

 

皆さま、こんにちは。
ベトナム旅行情報のシモジョウです。

 

日本は梅雨入りしたと伺っていますが、いかがお過ごしでしょうか?
ベトナム南部も雨季ですが、一時的にスコールに見舞われる感じで、日本の雨季とは些か事情が異なります。

 

さて、本日は恵みの雨が作り上げるホーチミン近郊の自然豊かなカンザーについてご紹介を続けたいと思います。

 

 

jouhou.com0250

カンザーはサイゴン川の下流に位置し、まだ通行用の橋が掛けられていないこともあり、人々は渡しのフェリーで行き来を行っています。

 

日本人の感覚からすると決して快適とは言えませんが、異国情緒が溢れていてこれはこれでありなんじゃあないかと個人的には思い至ります。

 

 

jouhou.com0253
jouhou.com0252

カンザーといえば有名なのは、モンキーアイランドと マングローブの森 

 

良く耳にするマングローブは、河や海の干満がある場所=潮間帯に生息する植物の総称 及び呼称となりまして、マングローブという特定の種の植物が存在する訳ではありません。

 

カンザーのマングローブが有名なのは、悲しいかなベトナム戦争下で枯葉剤の影響を大々的に受けた地域だからです。

 

 

jouhou.com0258

それと同時に戦後 日本のNPOなどの植林作業により、緑が復活した地域でもあり、日本人としては縁のある土地でもあります。

 

現在はその生い茂るマングローブの森の中にいくつかレジャー、観光施設があり、大都市のホーチミンから2時間もあれば大自然で楽しむことが出来ます。

 

今回は、Vam Sat Ecological tourist centerという場所に立ち寄ってきました。

 

 

jouhou.com0256
jouhou.com0255

施設内は、レジャー施設という作りで、アクティビティやプランニングによって費用が変わるという料金体系。

 

入場だけなら、 大人1名:35,000ドン=約175円 (2017年5月現在)と格安。

 

個人的な見所は園内にそびえ立つ展望台で、生憎の天気でしたが、そこから見下ろすマングローブの森と河川は自然の雄大さを感じさせてくれました。(高所恐怖症の方は展望台には恐らく登れないかもです)

 

 

jouhou.com0257

施設にはキャンピングエリアも見受けられ、宿泊での滞在もできる模様。

 

ベトナムのローカルな観光地にしては珍しく、施設のホームページは日本語での閲覧も可能です。(下記ホームページの上部のTieng Nhatをクリック)

 

そういう配慮もこの地域での日本人の貢献度を感じさせられますね。

 

 

jouhou.com0262
jouhou.com0261

現在 前述した渡しの船(フェリー)に代わるホーチミンから直通となる橋も只今 建造中。

 

少しずつホーチミンを基点に今後も周辺地域へ開発の波が拡がっていくのでしょう。

 

瀬渡し(フェリー)で河を渡る、今も風情があっていいのですが、自然と調和して、現地の人がより良い営みをできるような開発が行われることを願い、カンザーを後にしました。

 

 

jouhou.com0254

jouhou.com0260

余談ですが、カンザーは海鮮、海産物で有名な地域でもあるので、シーフード好きの方は、そういった食のローカル観光という方向性も良いかと思われます。

 

シーフードをお腹いっぱい食べても、日本人の感覚からすると格安らしいですよ。

 

ホーチミンから近郊の観光地というとメコンデルタなどが有名ですが、サイゴンデルタ地帯も風情とローカル感があり、合う人にとってはいい観光体験と成り得るでしょう。

 

 

jouhou.com0259

 

名前

Vam Sat Ecological tourist center

住所

Tieu Khu 15A, Ly Nhon Ward, Can Gio,HCMC, VN

電話

08-8869-1586  ※ベトナム国外からは+84が必要

ホームページ

http://vi.vamsat.vn/

ジャンル

レジャー複合施設

詳細

ホーチミン近郊の観光スポット(マングローブの森)

言語

英語・ベトナム語

 

ベトナムをご訪問されて、お目当ての場所が分からない、言葉が不安、値段交渉、バイクが怖くて道が渡れない、観光地へのご案内などございましたら、ご要望に応じて弊社がサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

 

以下 お問い合わせ先です。

日本からのお問い合わせ先 TEL:092-408-5505
もしくは現地 ホーチミン事務所 TEL:+84-8-3820-3917

 

※ベトナムにお電話をいただく際は、現地スタッフは日本語でご対応いたしますので安心してお問い合わせ下さい。
皆さまからのご連絡、ご相談お待ちしております。

 

潜入・サルの楽園(カンザー)

 

皆さま、こんにちは。
ベトナム旅行情報のシモジョウです。

 

ベトナム南部はすっかり雨季となり、日中 スコールが降るようになりました。

ただ、日本の梅雨のような1日シトシトと降るような感じではないので、一時的にしのげれば生活に支障はない感じです。

 
それに都市部を除く、農村にとっては恵みの雨ですし。

 

まあ、スコールにあたった際は、傘も役に立たないくらいズブ濡れになるのですが、、。

場面によっては開き直れるので、びしょ濡れで騒ぎたくなるスコールハイに陥ることもあるとかないとか。(笑)

 

jouhou.com0239

さて、そんな雨季の中 ホーチミンから少し遠出をして、実しやかに囁かれるお猿さんの楽園に先日 潜入してきました。

 

そこは、ホーチミンから南下した場所に位置するカンザーにある 「モンキーアイランド」 、 車で約2時間弱の移動(ホーチミン発)となります。

 

jouhou.com0249

jouhou.com0248

入場料は 大人1名 70,000ドン=約350円 。(2017年5月現在)

 

チケット販売所を過ぎ、少し移動すると道端にはお猿さんが早速 登場。
なんだか、テンションが上がります。

 

 

jouhou.com0247

しかし、このお猿さん方、半分野生ですが、観光客慣れはしていて、態度がでかい。(苦笑)

※基本 野生の動物は人間を避ける傾向があります。(例外あり)

 

そういうこともあり、写真撮影には快く応じてくれるものの油断をすれば、持ち物を強奪される可能性もあります。

 

わたしは、バックパックの横にさしていたペットボトルを奪われそうになり、レンジャーらしき係員から、注意するように則され、身に着けていた帽子やサングラスなどに関しても指導されました。(全てベトナム語でしたが)

 

 

jouhou.com0242

よく聞くと、施設内で流れている放送(ベトナム語+英語)では、食料や飲料などはバッグの中に隠すように指示が出ています。

 

小猿さん方はかわいいく、人が寄ってくると「逃げろぉ」て感じで散っていくのですが、餌付けされた大人のお猿さんは「なんか持ってないのか?」みたいな感じで完全にアウトローな雰囲気ですから、正直 気が気ではなかったです。

 

 

jouhou.com0243

「モンキーアイランド」では、ベトナム戦争時にカンザーで行われた戦闘の詳細を伝える博物館も併設し、マングローブの小川を船(ボート)で周遊することもできるので、お猿さん以外にも見所があるように感じます。

 

 

jouhou.com0244

jouhou.com0245

モンキーアイランドから海岸線までも程近く、ビーチからは河と海を挟んだ対岸のヴンタウも見渡せ、大河と海と陸のパノラマが広がっていますので、ホーチミンからモンキーアイランドへの立ち寄り、カンザーの海岸沿いでゆっくりマッタリというローカル観光もありなんではないでしょうか?

 

ただし、くれぐれもモンキーアイランドのボス猿さん方にはお気をつけくださいませ。

 

 

jouhou.com0241

jouhou.com0246

施設の職員の方が餌を巻いたその時 仁義無き闘いと狂喜を目の当たりにして、ちょっぴり背筋に嫌な汗が流れましたよ。(笑)

 

 

jouhou.com0240

 

名前

モンキーアイランド(Cong ty du lich sinh thai Can Gio)

住所

Thanh Thoi, Long Hoa , Can Gio Ward,HCMC, VN

電話

08-3874-3334  ※ベトナム国外からは+84が必要

ジャンル

観光複合施設

詳細

ホーチミン近郊の観光スポット

言語

英語・ベトナム語

 

ベトナムをご訪問されて、お目当ての場所が分からない、言葉が不安、値段交渉、バイクが怖くて道が渡れない、観光地へのご案内などございましたら、ご要望に応じて弊社がサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

 

以下 お問い合わせ先です。

日本からのお問い合わせ先 TEL:092-408-5505
もしくは現地 ホーチミン事務所 TEL:+84-8-3820-3917

 

※ベトナムにお電話をいただく際は、現地スタッフは日本語でご対応いたしますので安心してお問い合わせ下さい。
皆さまからのご連絡、ご相談お待ちしております。

 

ベトナムの焼き物の里へ(バッチャン)

 

皆さま、シンチャオ。
ベトナム旅行情報のシモジョウです。

 

旧暦の新年を向かえ、ホーチミンは徐々に活気を取り戻している感じを受けます。
都市部は地方から出てきている人も多いので、お正月になると控えめながら空洞化現象が起きます。

 

 

shiire.com0235

旧正月中の都市はゴーストタウン化するなどの噂もありますが、あくまでその都市で生まれ育つ人も多くいますので、やや喧騒が薄れる程度です。

 

ただ、いつも魚の群れみたいに道路を流れるバイクがいなくなるので、印象的にそのように捉えられるというのも暮らしていると頷けたりもする内容だったりします。

 

 

shiire.com0225

本日は都会の喧騒から離れるものの、独特の活気を醸すバッチャン村をご紹介いたします。

バッチャン村は、ベトナムの首都ハノイに隣接する工芸村の代表格で、陶器で有名な工芸村です。

 

ハノイ市の中央街から車で約30分の郊外に位置します。
バッチャン焼きと呼ばれるこの陶磁器は、ベトナムでも人気が高く、外国人向けのお土産としても重宝されています。

 

 
shiire.com0234
shiire.com0232

村の中は、陶器の専門店がずらり。
村民の約9割がバッチャン焼きに関わっているという比重が村全体から伝わってきます。

 

大小様々な種類や形の焼き物があり、他の地域のお土産店で購入するよりは、直売ということもありお手ごろなんだそうです。

 

 

shiire.com0224

しかしも、近年は模倣品やコピーが多いらしいので、本物を求めるなら現地の老舗に限ります。
焼き物 初心者のわたくしでしたが、色や種類が豊富な焼き物を目にし買う買わない以前に楽しい時間を過ごすことができました。

 

また、村の路地(ヘム)を散策すると工房や工場のような場所がチラホラ。
それらを覗き見するのも、一興かと感じましたね。

ただ、一応 敷地内は私有地なのでマナーとして勝手に立ち入らないように注意はしてください。

 

 

shiire.com0228
shiire.com0227

尚、店舗や工房によっては、職人の妙技を見学できたり、実際に自分で制作体験をできるところもあるらしいので、いい体験や経験となるはずです。

 

バッチャン村へはバスやタクシーなどの公共機関で行ける他、市内からのツアーもでているようなので、焼き物に興味がある方はマストで、興味のない方もわたしみたいに冷やかしにいってみてはどうでしょうか?(笑)

 

ベトナムが誇る工芸品の1つを間近で手にとって感じてみてはいかが。
ご自身のアート性の開花に繋がるかもしれませんし、お気に入りの逸品が見付かるかもしれませんよ。

 
shiire.com0229

因みにお土産で日本に持ち帰る際は、現地にてしっかり梱包をしてくださいね。
大きな店舗では海外発送も承っているみたいですが、やはり輸送中に割れることも念頭に置いて、覚悟と責任をもって判断する必要があるようです。

 

気になる方は弊社を通して店舗などにコンタクトを入れることも可能ですので、先ずはお気軽にご相談くださいませ。

 

 

shiire.com0233

ベトナムをご訪問されて、お目当ての場所が分からない、言葉が不安、値段交渉、バイクが怖くて道が渡れない、観光地へのご案内などございましたら、ご要望に応じて弊社がサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

 

 

shiire.com0230

以下 お問い合わせ先です。

日本からのお問い合わせ先 TEL:092-408-5505
もしくは現地 ホーチミン事務所 TEL:+84-8-3820-3917

 

※ベトナムにお電話をいただく際は、現地スタッフは日本語でご対応いたしますので安心してお問い合わせ下さい。
皆さまからのご連絡、ご相談お待ちしております。

 

 

shiire.com0231

版画の工芸村(ドンホー)

 

皆さま、シンチャオ。
ベトナム旅行情報のシモジョウです。

 

旧暦のお正月が明けましたが、まだ街はマッタリムード。
今週から徐々にベトナムは日常を取り戻していく感じです。

 

 

shiire.com0222

年末中は、風物詩として街頭で見受けられた新年(テト)の期間中に家庭に飾る「書き初め(初硯)」の作成、販売。

 

新年の縁起物として、ベトナムに古くから伝わる「しきたり」「験担ぎ」の1つですが、この時期にもう一つ珍重されるものが、ドンホー版画

 

 

shiire.com0219

海外でも高い評価を得るベトナムの伝統工芸のひとつで、近年はお土産としても知名度を高めつつあります。

 

ドンホー版画が制作されているのは、首都ハノイから北方36kmにあるバクニン省のドンホー村で、 ハノイ周辺の工芸村の一つとして有名です。

 

 

shiire.com0216

その歴史は11世紀に宋代の中国から伝来されたと言われ、次第にベトナム独自の芸術として発展、確立し現代に至っているそうです。

 

しかしながら、時代の流れもあり現在では村でも数軒しか制作を行っているところはなく、代々伝わる版木を用いてほとんどが家族で経営しているとのことです。

 

※現在の村の主要産業は紙製冥器と呼ばれる、紙で作られたお金や服、家、車などの模型で、故人の供養で使用される供物です。

 

 

shiire.com0218

私が訪ねたのは、ドンホー版画文化交流センターという所で、彫りから印刷までの工程を間近で見ることができました。

 

版画の展示や購入スペースもあり、伝統工芸に触れてみたいと思われる方は足を運んでみてください。

 

 

shiire.com0217

日本と同様に時代の流れで伝統工芸を引き継ぐ若手や後進の育成が難しい面がベトナムもあるように見受けられますが、文化の保護の為にも古き良きものを守っていってもらいたいものです。

 

個人的には、ハノイ市からドンホー村へ向かう景色がのどかでどこか懐かしい感じがして気に入ってしまいました。

 
ベトナムのローカル地域で、ちょっぴりディープなベトナム文化に触れてみませんか?

 

 
shiire.com0221
 

名前

Folklore Exchange Center Dong Ho Painting

住所

Dong Khe, Song Ho village, Thuan Thanh district, Bac Ninh province.

電話

024-1386-5308  ※ベトナム国外からは+84が必要

ジャンル

文化交流センター

詳細

ドンホー版画

言語

ベトナム語

 

 

shiire.com0223

ベトナムをご訪問されて、お目当ての場所が分からない、言葉が不安、値段交渉、バイクが怖くて道が渡れない、観光地へのご案内などございましたら、ご要望に応じて弊社がサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

 

以下 お問い合わせ先です。

日本からのお問い合わせ先 TEL:092-408-5505
もしくは現地 ホーチミン事務所 TEL:+84-8-3820-3917

 

※ベトナムにお電話をいただく際は、現地スタッフは日本語でご対応いたしますので安心してお問い合わせ下さい。
皆さまからのご連絡、ご相談お待ちしております。

 

ハノイ発 陸のハロン湾への日帰りツアー (ニンビン)

 

皆さん、チュックムンナンムイ(Chúc mừng năm mời)。

※ベトナム語での新年の挨拶

ベトナム旅行情報局のシモジョウです。

 

 

ベトナムでは、旧正月が明け(太陰暦の元旦は太陽暦の1月28日)、新年がスタートしました。

日本人としては太陽暦(西暦)の正月に次ぐ、正月でやはり些かの違和感は拭い去れません。

さて、本日は太陽暦(西暦)の正月休みの際に出向いたニンビンをご紹介します。

 

 

shiire.com0212

ベトナムの首都ハノイから車で2時間弱の距離にあるニンビン
陸のハロン湾とも称される世界遺産に認定されている景観地を含むベトナムを代表する観光スポットです。

 

観光地としては、大きく2つのコースに分かれまして、「陸のハロン湾のタムコック&古都ホアルー」「東南アジア最大の仏教寺院・ハイディン寺&チャンアン名勝・遺跡群」

 

今回は、比較的 日本人に好まれるという「陸のハロン湾のタムコック&古都ホアルー」の方へ行って参りました。

 

 

shiire.com0205

先ずは、古都ホアルーへ。
ホアルーは、1010年にハノイに首都(世界遺産タンロン皇城)が移されるまでベトナムの首都だった都です。

※その後 首都機能はハノイから中部のフエに移されるのが大まかなベトナムの遷都の歴史。

 

 

shiire.com0204

ホアルーはかつての王宮跡が修復&保存され、現在 国の重要文化財に指定されています。
内部の格式ある建物にはベトナム皇帝や皇族たちが祭られています。

 

特にベトナム北部は中国から侵略の影響もあり、文化的にも中国の影響が色濃く伺えます。
歴史に興味がある方は、是非 足を伸ばしてみてくださいませ。

 

 

shiire.com0206

そこから、陸のハロン湾と称される景観地のタムコックへ移動。
2時間程、地元の船頭さんが操作する小船で川下りの遊覧へ出かけます。

 

 

shiire.com0211

世界で最も若いカルスト地形が隆起する雄大な景色を見ながら、道中はホントにマッタリな感じで、これぞベトナムの原風景といった印象。

 

3つの洞窟を抜け、折り返し地点で待っているのは、物売りの方々。
「船頭さんが1時間漕いで疲れているから、なんか買ってあげて」との殺し文句にやや心が動きますが、船頭さんからは後でチップをねだられると考え、物売りのおば様方には終始、笑顔でNOを貫きます。

 

 

shiire.com0210

因みに船頭さんの中には、オールを足で器用に漕ぐ方もいらっしゃり、見ていて面白かったです。
確かに手で漕ぐよりは、省エネかもしれないし、手が疲れた際に休ませることができるから効率的なのかなとベトナム式の生産性を感じた瞬間でもあります。

 

加えて、足でオールを操作して、写真を撮り、販売してくれるサービスのおじ様とも出会い(捉まり)まして、見事にほぼ強制的な感じで写真を買わされました、、。

 

 

shiire.com0207

物売りも含め、この程度の営業は金額的にもかわいいものですし、その人の現金収入になるならと、私自身は観光地にお金を落とすようにしています。

 

勿論 2時間頑張って漕いでもらった船頭のおば様にも小額ながらチップをお支払いしました。

 

まあ、あからさまなボッタくりには、断固としてNOなんですが。
その人の今後のためにもならないですしね。

 

 

shiire.com0209

タムコックで川下りの後は、隣接するお寺( ビックドン)を案内してもらい、ハノイへ帰着。
日帰りの体験型のツアーとしては、いい内容かなと個人的には感じましたね。

 

ハロン湾は、些か日帰りでは遠いですし、ハノイの近場でベトナムらしさを味わいたいならニンビンはお勧めのスポットです。

次の機会は、ハイディン寺とチャンアン名勝・遺跡群を巡りたいと思います。

 
この時期 北部(ハノイ近郊)は雨は降らないのですが、冬で曇りの日が多いので、晴れの日に観光を希望の場合は、10月などが好ましいそうですね。

 

 

shiire.com0208

弊社から提携の旅行会社にてプライベートツアーもご案内できますので、興味のある方は下記リンクをお確かめいただき、お問い合わせ、ご相談くださいませ。

 

 

陸のハロン湾のタムコック&古都ホアルーへの観光

http://tabiviet.com/?p=523

 

東南アジア最大の仏教寺院・ハイディン寺&チャンアン名勝・遺跡群への観光
http://tabiviet.com/?p=529

 

 

shiire.com0213

 

ベトナムをご訪問されて、お目当ての場所が分からない、言葉が不安、値段交渉、バイクが怖くて道が渡れない、観光地へのご案内などございましたら、ご要望に応じて弊社がサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

 

以下 お問い合わせ先です。

日本からのお問い合わせ先 TEL:092-408-5505
もしくは現地 ホーチミン事務所 TEL:+84-8-3820-3917

 

※ベトナムにお電話をいただく際は、現地スタッフは日本語でご対応いたしますので安心してお問い合わせ下さい。
皆さまからのご連絡、ご相談お待ちしております。

 

サイゴン川ディナークルーズ

 

皆さま、シンチャオ。

ベトナム旅行情報局のシモジョウです。

 

太陽暦(西暦)では正月も終わり、1月も後半ですが、太陰暦(ルナカレンダー)のベトナムでは、今が年末となり、街は慌しい雰囲気。

 

 

shiire.com0202

陸続きで中国文化の影響も強いベトナムでは「テト」と呼ばれる旧正月を大々的に祝いますので、年越しは目と鼻の先。

 

そんな太陰暦の師走の中 日本人の私としては「新年会」、ベトナムのスタッフは「忘年会」という気分で、先日 サイゴン川のディナークルーズに行って参りました。

 

 

shiire.com0195

事前の予約にて、指定の時間にサイゴン川に隣接する船着場へ向かいます。

 

乗船後、名札が置かれた席へ案内され、出港。

 

出港して間もなく、予約していたコース料理が振舞われます。

 

 

shiire.com0198

食事の合間を見て、船内では民族楽器による演奏や踊りが余興として披露。

 

和やかな雰囲気の中 外を見るとホーチミンの中心街のネオンが、水面に反射して、いつもの街が違った表情を見せてくれます。

 

 

shiire.com0197

約1時間半程度のクルーズ+食事(ディナー)でしたが、個人的にはかなりお手頃で満足度も高かったです。

 

コース料理は300,000ドン弱(約1,500円)/1名から1,000,000ドン(約5,000円)/1名で、予算に合わせ選べます。

 

※今回は、400,000ドン弱(約2,000円)のコースを選択

 

 

shiire.com0196

コース料理と飲み物は別会計になり、飲み物自体はホーチミンの物価より高い印象を受けますが、サービスや雰囲気も含まれていると思えば妥当な範囲かと見受けます。

 

 

shiire.com0199

<飲み物 参考価格> ※2016年1月現在
・水/1ボトル:20,000ドン(約100円)
・ソフトドリンク/1杯:45,000ドン(約225円)
・ビール/1瓶:55,000ドン(約275円)
・その他のアルコール/1杯:100,000ドン(約500円)から200,000ドン(約1,000円)程度

 

 

shiire.com0200

今回 利用したクルーズ船の他にも何隻かクルーズ船や船を店舗とする海上レストランもありますので、嗜好や予算に合わせて選ばれてみてはいかがでしょうか?

 

ちょっとかしこまったデートや接待などにも多用できるかと考えられますので、ホーチミンにお越しの際は是非 お試しください。

 

 

shiire.com0201

ご相談はお気軽に弊社までお尋ねくださいませ。
南国の夜風に吹かれながらのクルーズ&ディナー、物より経験をという意味でも旅の良い記念と思い出になるはずです。

 

 

shiire.com0194

 

ベトナムをご訪問されて、お目当ての場所が分からない、言葉が不安、値段交渉、バイクが怖くて道が渡れない、観光地へのご案内などございましたら、ご要望に応じて弊社がサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

 

以下 お問い合わせ先です。

日本からのお問い合わせ先 TEL:092-408-5505
もしくは現地 ホーチミン事務所 TEL:+84-8-3820-3917

 

※ベトナムにお電話をいただく際は、現地スタッフは日本語でご対応いたしますので安心してお問い合わせ下さい。
皆さまからのご連絡、ご相談お待ちしております。