旅ベト

ベトナムからの買い付け、輸入などをお考えのお客様はこちらをご覧ください!!
ベトナムからの輸入、買い付け、貿易はベトナムジャパンへ

ベトナムでの通訳、観光ガイド、ショッピングガイド他ガイドサービスはベトナム旅行情報局まで

ベトナムドンと日本円を自動変換-ベトナム旅行情報局のレート自動変換ツール-

日本円とベトナムドンを簡単変換

※計算結果は四捨五入されています

※弊社のレート変換システムは為替レートの正確性を保証しておりません。
実際に為替レートの変更によって影響を受ける取引を行う際は、現在のレートを確認してください。

ベトナムのホーチミン、ハノイの天気

ベトナムの天気

ベトナム北部のハノイ、中部のダナン、南部のホーチミン。
ベトナム三大都市の今現在の天気です。

北部ハノイは夏は高温多湿となり、冬は比較的涼しく、南部ホーチミンは1年中常夏で日差しも強いです。

ぶらり 辺境で国境(ラオカイ)

 

皆さま、シンチャオ。
ベトナム旅行情報局のシモジョウです。

 

勤労感謝の祝日いかがお過ごしでしょうか?

 

金曜に有給休暇を絡めて、ちょっとまとまった連休にてお出かけという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

本日は続・国境リポートということで、先日 でかけてきた中国とベトナムの国境の街 ラオカイについてご報告を差し上げます。

 

 

jouhou.com0403

jouhou.com0416

ラオカイはベトナムの首都であるハノイから約250キロ程 北に位置して、観光地として有名なサパ(SAPA)に程近くサパ観光の基点の街でもあります。

 

ツーリストの場合 ハノイからラオカイまでの移動は高速バスか寝台列車に二分されます。

(チャーター車という手もありますが、費用は上記と比べるとかなり差があります。)

 

ラオカイまでバスか鉄道で移動し、バスかタクシーなどでサパに足を運ぶのが一般的なようです。

※ラオカイとサパ間は車両で1時間半程度の道のり

 

 

jouhou.com0404

jouhou.com0405

因みにサパはフランス統治時代から避暑地として知られるようになり、中国と起源を供にするモン族やヤオ族などの少数民族が山肌を棚田として切り拓いた美しい田園風景が広がっている土地です。

 

稲作文化に馴染みが深く、米を主食とする我々 日本人には、シンパシーを感じる部分は多く棚田に水を張る初夏や稲穂が実る早秋の美しさは、心に沁みる風景となるそうです。

 

今回は、サパまで足を運ぶことが諸々の事情があり難しいかったので、いつか具体的にレポートできるようにしたいと考えています。

 

 

jouhou.com0415

jouhou.com0402

さて、海に隔てられた日本で育った者からすると地続きの国境は、辺境というイメージがなんとなく頭の中にありますが、ラオカイはそれなりに都会でした。

 

ラオカイまでの道のりで通り過ぎてきた街と比較しても街に一生懸命 投資や投機がされているのが垣間見れる状況。

 

地政学的な観点も踏まえ、川を挟んで真向かいは中国という環境が恐らくそうさせるのでしょう。

よく観察すれば、すれ違う警官の装備なども少し異なる感じで、有事に備えた人選や訓練もされてあるかと思わせられます。

 

 

jouhou.com0406

jouhou.com0407

とは言え、殺伐しい感じはなく、両国の住民は川を挟んで行き来し、物を運んだり、商売したりと逞しく生きている感が見受けられました。

※因みに川向は中華人民共和国 雲南省 紅河県に位置します。

 

ここを基点に中国のものがベトナムに流れてきているのかと思いを過ぎらせたり勉強にもなります。

情報社会ではありますが、やはり現場を見に行くことはそれとは違う価値があることを改めて気付かされます。

 

国境の街の市場を見て回るのも個人的には面白かったですね。

 

 

jouhou.com0409

jouhou.com0414

鉄道は寝台列車で、ハノイからもラオカイからも夜間発の早朝着の列車が交差するように運行しています。

 

高速バスは休憩も入れて約6時間前後で、バスの方が移動時間は短いですが、旅の風情という面では寝台列車の方が勝っているでしょう。

 

今回 利用した1室4名のチケットは片道400,000ドン(約2,000円)。 ※2017年11月現在

 

 

jouhou.com0412

jouhou.com0410

jouhou.com0411

大柄な方は寝台スペースを些か窮屈に感じてしまうかもしれませんが、個人的には可もなく不可もなく、トイレや洗面台もあり不自由はなかったです。

 

軋む滑車の音にも「旅をしているんだな」との想いを掻き立てられます。

 

 

jouhou.com0413

jouhou.com0417

北部は11月が観光のベストシーズン、12月半ばを過ぎると高地のサパは降雪も観測するらしく、ハノイ→ラオカイ→サパ間を旅をするタイミングは今が好ましいようです。

 

皆さんも夜汽車(正しくは汽車ではありませんが、、笑)に揺られ、国境地帯に足を踏み入れてみませんか?

 

 

jouhou.com0408

ベトナムをご訪問されて、お目当ての場所が分からない、言葉が不安、値段交渉、バイクが怖くて道が渡れない、観光地へのご案内などございましたら、ご要望に応じて弊社がサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

 

以下 お問い合わせ先です。

日本からのお問い合わせ先 TEL:092-408-5505
もしくは現地 ホーチミン事務所 TEL:+84-28-3820-3917

 

※ベトナムにお電話をいただく際は、現地スタッフは日本語でご対応いたしますので安心してお問い合わせ下さい。

皆さまからのご連絡、ご相談お待ちしております。

 

ぶらり 辺境で国境(ダックラック ー ダックノング)

 

皆さま、シンチャオ。
ベトナム旅行情報局のシモジョウです。

 

日本は秋も深まり、行楽シーズン、いかがお過ごしでしょうか?

 

お届けしておりますダックラック及びバンメトートに関してのご案内は、今回で一旦 最後となります。

 

締めとなる本日は再び ベトナムの滝に関するご紹介です。
滝フリークなもので滝と聞くとついつい足が向いてします。(笑)

 

 

jouhou.com0395

jouhou.com0389

そういう訳で向かったのは、 ダライサップ(Dray Sap)の滝。

 

滝の関連施設の入り口はこんな感じで、こちらで入場料を払い、1キロくらい奥へ進むと、ダライサップの滝の関連施設へ到着です。

 

関連施設は小規模ながら動物園も併設していて、少数民族の影響もあり、エレファントライドも出来るそう。

 

 

jouhou.com0393

jouhou.com0392

関連施設からダライサップの滝の間では、徒歩で十数分くらいかかり、自然の中を散歩しながら進みます。

 

 

jouhou.com0390

jouhou.com0399

その自然の中から眼下に現れる滝は、先にご案内したダライヌアの滝より迫力に劣るものの、自然の雄大さを十分に感じられます。

 

訪ねたのが平日の午後ということもあり、滝の周辺には人がおらず、しばし滝を見ながら自然の中でマッタリとした時間を過ごしました。

 

 

jouhou.com0400

入場料は40,000ドン(約200円)で、動物園への入園やエレファントライドの体験は別途 以下の費用が発生します。(2017年9月現在)

 

■動物園 入場料:大人/20,000ドン(約100円)・子供/10,000ドン(約50円)
■エレファントライド(1頭):150,000ドンから(約750円)/ 2名・30分まで
※エレファントライド受付時間 9:00AM ~ 3:30PM

 

因みにダライサップの滝は、ダライヌアの滝の向かい側に位置し、そのエリアには大小7つの滝が存在するそうですが、現在はエリア内の整備の為にダライサップの滝とダライヌアの滝 間の通行が難しく、2つの入り口にて別々に入場するような形になっています。

 

 

jouhou.com0391

jouhou.com0397

通行止めの看板はありますが、そこへ至るまでの道のりにはつり橋(ダライヌア側)もあるので、散策する分には楽しいかもしれませんね。

 

現地の方は 森や沢の中を突き進んで行っていましたが、土地勘のない観光客は真似をしない方が賢明でしょう。

 

少し回り道にはなりますが、たまには時間を忘れて、回り道を楽しみながら、2つの名瀑を制覇してみてはいかがですか?

 

 

jouhou.com0396

jouhou.com0387

今回はバンメトートからダックミルというベトナムとカンボジアの国境付近まで足を伸ばしてみましたが、ルート(QL)14号の道中は景色も良く、移動していて気持ちがよかったです。

 

前にも陸路でホーチミンからカンボジアのプノンペンまで向かった際に感じましたが、周りを海で囲まれている日本人にとって地続きの国境というのは不思議な感覚で、ある種 旅をする日本人にとっては憧れに映る部分もあるのでは?と改めて思い至りましたね。

 

日本人には馴染みが薄いダックラック周辺。

 

ベトナム国内は流通が発展傾向にあり、国境沿いの僻地と呼ばれるような場所でも、街に行けばそれなりに大都市と基盤は変わらない状況なので、それらの街を拠点に観光というのも新たな発見があるのではないでしょうか?

 

 

jouhou.com0398

流石に大都市に比べると英語も通じなくなりますが(ベトナム語のみ)、時にはノンバーバルコミュニケーション(非言語)のみで旅行を楽しんでみるのも一興かと思います。

 

少数民族のエスニック文化やベトナムコーヒーを求めてダックラックに足を運んでみるのは、ディープなベトナム文化を知る上で良い機会となるやもしれません。

 

自然派のわたくし自身もまた機会を見てお邪魔したいと考えています。

 

 

jouhou.com0394

 

名前

ダライサップ(Dray Sap)の滝
(管理:LONG THANH CONSTRUCTION JOINT STOCK COMPANY)

住所

Gia Long Duc Lap village, Dak So commune, Krong No district, Dak Nong province , VN

電話

+84-(0)26-1655-1979  ※ベトナム国外からは+84が必要

ジャンル

景観地(名瀑)

詳細

滝及び観光関連施設

言語

英語・ベトナム語

ホームページ

http://khudulichdraysap.net/dich-vu/nha-hang-dray-sap-42.html

 

ベトナムをご訪問されて、お目当ての場所が分からない、言葉が不安、値段交渉、バイクが怖くて道が渡れない、観光地へのご案内などございましたら、ご要望に応じて弊社がサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

 

以下 お問い合わせ先です。

日本からのお問い合わせ先 TEL:092-408-5505
もしくは現地 ホーチミン事務所 TEL:+84-28-3820-3917

 

※ベトナムにお電話をいただく際は、現地スタッフは日本語でご対応いたしますので安心してお問い合わせ下さい。

皆さまからのご連絡、ご相談お待ちしております。

 

ベトナムコーヒーの御里へ(Trung Nguyen村)

 

皆さま、シンチャオ。
ベトナム旅行情報局のシモジョウです。

 

前回からご紹介しているバンメトート及びダックラックという地域は、コーヒー通の方はご存知のロブスタ豆の一大産地で、世界的に有名なベトナムコーヒーを語るには欠かせない地域であります。

 

日本では、まだあまり知られていませんが、ベトナムは世界有数(上位)のコーヒーの生産国であり、都会でも田舎でもカフェ文化が深く根付いています。

 

 

jouhou.com0373

jouhou.com0374

そして、ベトナムコーヒーとして有名なのが、 Trung Nguyen(チュン・グエン)というブランドで、現地では定番中の定番にて、お土産品としてもTrung Nguyenのコーヒーは重宝されています。

 

そんなベトナムで不動の人気を誇るTrung Nguyen社の本拠地がバンメトートなのです。

 

バンメトートの市内には、その影響力もあり、Trung Nguyen村という施設があり、訪ねてみました。

 

 

jouhou.com0376

jouhou.com0375

Trung Nguyen村へ向かう目印は、以上の鉄塔。

 

この鉄塔の正面にTrung Nguyen村への入り口があり、Trung Nguyenの文字が燦々と輝いております。(笑)

 

 

jouhou.com0383

jouhou.com0377

jouhou.com0378

Trung Nguyen村自体は公園をベースにした施設で、Trung Nguyen社が辿ってきた産業的歴史背景の用具や機具の展示があったり、広々としたカフェスペースがあったりで、寛ぎと学びを前提とした作りとなっています。

 

Trung Nguyen社 製品の販売も勿論行われており、商品の品揃えは流石 お膝元といった感じです。

 

入村?(入園)自体は無料で、そんなに大きい規模の施設ではないので、散策と記念撮影、カフェでの時間を楽しむなどが主なアクティビティになるかと思われます。 ※2017年9月現在

 

 

jouhou.com0379

jouhou.com0380

jouhou.com0382

夜も営業が行われており、明かりが灯された園内は、昼間とは違う表情で昼夜に分けて訪れてみるのも一興ではないでしょうか。

 

バンメトートの田舎の風情と共にゆったりとベトナムコーヒーを味わうのは、旅の思い出深いひと時になるやもしれませんね。

 

バンメトートへお立ち寄りの際は、Trung Nguyen村へ足を運ばれてみてはいかがでしょうか?

 

 

jouhou.com0385

jouhou.com0384

jouhou.com0386

ダックラック周辺は、少し道を外れればコーヒー農園が見受けられ、写真では見たことがありましたが、コーヒーというものがこんな形が生っているものなのかと間近でコーヒーの木を目の当たりにし、現地に行く、実物を見る、大切さを改めて感じましたね。

 

近年 注目も高まってきているベトナムコーヒー、機会があれば農園に潜入取材などもできればいいなと個人的には思ったりしております。

 

情報社会になり便利な世の中にはなっていますが、やはり百聞は一見にしかずの精神も忘れずに大切にしていきたいものですね。

 

 

jouhou.com0381

 

名前

Trung Nguyen村

住所

163 Ly Thai To St, Tan Loi Ward, Buon Me Thuot City, Dak Lak Province, VN

電話

+84-(0)26-2651-1168  ※ベトナム国外からは+84が必要

ジャンル

公園(カフェ)

詳細

ベトナムコーヒー関連の観光施設

言語

英語・ベトナム語

ホームページ

https://www.facebook.com/langcaphetrungnguyen/?rf=376366339084065

 

ベトナムをご訪問されて、お目当ての場所が分からない、言葉が不安、値段交渉、バイクが怖くて道が渡れない、観光地へのご案内などございましたら、ご要望に応じて弊社がサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

 

以下 お問い合わせ先です。

日本からのお問い合わせ先 TEL:092-408-5505
もしくは現地 ホーチミン事務所 TEL:+84-28-3820-3917

 

※ベトナムにお電話をいただく際は、現地スタッフは日本語でご対応いたしますので安心してお問い合わせ下さい。

皆さまからのご連絡、ご相談お待ちしております。

 

ベトナム最大級の名瀑 (ダックラック)

 

皆さま、シンチャオ。
ベトナム旅行情報局のシモジョウです。

 

昨日(10/4)は、旧暦の中秋で、ベトナムでは中秋節(節中秋)のお祝いにて、この時期は都市でも田舎でもお祭りで賑わっています。

 

今回から 先月9月に訪れたバンメトート及びダックラックの観光地のご紹介を行わせていただきます。

 

ダックラック(バンメトート/ブンメトート)は、縦に長いベトナムの南西の国境沿いの高地。

 

 

jouhou.com0370

ダラットと同様に高原地域ですが、日本人にはあまり馴染みのない土地かと思います。

 

そんな所謂 僻地にベトナムの名瀑があると聞き、滝フリークの私は旅に出ました。

 

目指したのはベトナム最大級の規模を誇る ダライヌア(Dray Nur)の滝。
バンメトートから約40キロの場所に位置するベトナムの名瀑です。

 

 

jouhou.com0371

滝へ向かう際は、すれ違いに大型の観光バスなどを見かけましたが、道が悪く、こんな場所をバスが走行できるのか?と疑う程でしたね。

 

最終的には完全なダートになり、レンタルバイクで突き進む身としては、中々 苦労を強いられました。

 

しかし、その苦労の甲斐あって、ご対面した滝は雄大で、まだ雨季ということもあり、轟音を響かせながら流れる水は圧巻の一言。

 

 

jouhou.com0367

jouhou.com0368

雨量が多い場合は滝の幅が拡がるそうで、表情を変える滝というのも面白いなと感じました。

 

滝の傍では、ベトナムの方とは面立ちが少し異なる少数民族の子供たちが、水遊びをしていて、逞しく微笑ましかったです。

 

ベトナムの方は滝を見渡せる位置でバーベキューをしたりしながら楽しんでいらっしゃいました。

 

遠めから見る滝も、ベトナムの大自然を感じさせる眺望で清々しかったですね。

 

 

jouhou.com0363

jouhou.com0362

滝への入場料は30,000ドン(約150円)で、チケット売り場ではなんとか英語も通じました。 ※2017年9月現在

 

チケットカウンターから公園を通り、滝へ向かうような感じなので、滝観賞の前後に緑が多い公園でマッタリと過ごすのもいい感じです。

 

ちょっと個人で行くのは大変な気もしますが、ベトナム最大級の名瀑を拝みに足を伸ばすのは、悪い選択ではない気がします。

 

 

jouhou.com0364

jouhou.com0365

マイナスイオンを感じにダライヌアの滝へ出かけてみませんか?

 

雨季の晴れ間が一番 ダイナミックな滝の表情を拝めそうですね。

 

 

jouhou.com0369

 

名前

ダライヌア(Dray Nur)の滝
(管理:INVESTMENT COMPANY LIMITED TRAVEL DANG LE)

住所

Ea Na, Krong Ana, Dak Lak , VN

電話

+84-(0)26-2395-8869  ※ベトナム国外からは+84が必要

ジャンル

景観地(名瀑)

詳細

ベトナム最大級の滝

言語

英語・ベトナム語

ホームページ

http://coffeetour.com.vn/News/Detail/153/khu-du-lich-thac-draynur

 

ベトナムをご訪問されて、お目当ての場所が分からない、言葉が不安、値段交渉、バイクが怖くて道が渡れない、観光地へのご案内などございましたら、ご要望に応じて弊社がサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

 

以下 お問い合わせ先です。

日本からのお問い合わせ先 TEL:092-408-5505
もしくは現地 ホーチミン事務所 TEL:+84-28-3820-3917

 

※ベトナムにお電話をいただく際は、現地スタッフは日本語でご対応いたしますので安心してお問い合わせ下さい。

皆さまからのご連絡、ご相談お待ちしております。

 

ベトナムで絵画を買ってみよう!

 

皆さま、シンチャオ。
ベトナム旅行情報局のシモジョウです。

 

秋と言えば、芸術の秋という言葉がございます。

 

ホーチミンの メイン通りのドンコイ通りやデタム通り(+ブイビエン通り)を散策すると数多くの絵画を目にすることができます。

 

その販売されている絵画の殆どが複製画。

 

 

jouhou.com0359

複製画の専門画廊は、観光客にはベトナムをモチーフにした個性的又は印象的な絵画を、現地のベトナムの方には名画の複製画をメインに販売しているようですね。

 

古典画の複製はモダン画の複製より割高となり、お店によってはオリジナルの対応も可能。

 

オリジナルはデザインや難易度によって異なりますが、古典画の複製と同額かプラスアルファというのが相場観となるそうです。

 

 

jouhou.com0356

 

複製画の価格は面積と描く内容により、異なり 情報局が見受ける限り 以下のような概算が目安として確認できました。

 

1平方(M2)メートルあたりの相場 (2017年9月現在)

 

モダン画複製:1,000,000ドン(約5,000円)から 1,500,000ドン(約7,500円)程

 

古典画複製:1,500,000ドン(約7,500円)から 2,500,000ドン(12,500円)程

 

※上記 店舗、デザインや難易度などにより異なりますので、ご理解、ご了承ください。

 

 

jouhou.com0354

オリジナルを含め、 作成の場合の対応時間は概算で3日間前後 で、枠が不要な場合は、丸めて簡易梱包を行ってもらえるとのことです。

 

外枠や内枠は大きさやデザインにより異なってきますが、内枠のみの簡素なものでは100,000ドン(約500円)からが概算の価格とあるそうです。

 

因みにわたくしもベトナムにての住まいがあまりに殺風景だったもので、これを機にインテリアとして1枚 買ってみました。

 

 

jouhou.com0360

jouhou.com0355

そういえば、絵画を買って、部屋に飾るなんて人生で初めてかもしれません。(苦笑)

 

購入したのは、既存のデザインのモダン画にて、サイズは60cm×60cmの内枠付きの、カラーのみオーダー。

 

店頭で、値段交渉を重ね、絵画(50万ドン)+内枠(8万ドン)にて、支払いは580,000ドン(約2,900円)となりました。

 

現在の複製画はテクノロジーの進化で、もはや塗り絵に近いらしく、複製画の専門画廊では、腕を磨きたい美大生のアルバイトや美大を卒業後 複製画家として働く方も多いそうです。

 

 

jouhou.com0358

jouhou.com0353

旅の思い出やお土産 又はインテリアとして、ベトナムで絵画のご購入を検討されてみるのも楽しいかもしれませんね。

 

複製画の専門画廊は、英語がかなり通じますが、日本語での対応が必要な場合は弊社にお声がけくだされば、可能な限りのご対応を検討させていただきます。

 

ベトナムにて思い出とともに芸術を買って、彩りのある空間で日々を過ごしてみてはいかがでしょうか。

 

 

jouhou.com0357

 

ベトナムをご訪問されて、お目当ての場所が分からない、言葉が不安、値段交渉、バイクが怖くて道が渡れない、観光地へのご案内などございましたら、ご要望に応じて弊社がサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

 

以下 お問い合わせ先です。

日本からのお問い合わせ先 TEL:092-408-5505
もしくは現地 ホーチミン事務所 TEL:+84-28-3820-3917

 

※ベトナムにお電話をいただく際は、現地スタッフは日本語でご対応いたしますので安心してお問い合わせ下さい。

 

皆さまからのご連絡、ご相談お待ちしております。

 

最後の皇帝の別荘

 

皆さま、シンチャオ。
ベトナム旅行情報局のシモジョウです。

 

連日 ベトナム南西部の避暑地のダラットのご案内をいたしております。

 

さて、今回で一旦 近々のダラットのご報告を終える予定ですが、最後はベトナム  阮(グエン)朝 最後の皇帝バオダイの別荘をご紹介。

 

この皇帝、現代の日本人には馴染みがないかと思いますが、実は日本と関わり合いがあった方なのです。

 

 

jouhou.com0346

時は第二次世界大戦時(大東亜戦争)、当時の日本陸軍(南方軍)は同盟国のナチスドイツがフランスを占領すると共にフランス植民地から独立を試みるベトナムへ南方作戦にて進軍します。

 

※中国とも戦争をしていましたので、中国を取り囲む為(対 中華戦線)とアメリカに太平洋での主導権を与えない為(対 太平洋戦線)にというのが作戦の大筋だったようです。

 

 

jouhou.com0348

現在のシンガポールまでを範囲とした南方への進行作戦の陸軍の拠点として一時的にダラットへ陸軍の総司令部が置かれ、数回の本部転居後 最終的にはダラットで日本陸軍(南方軍)の本部は終戦を迎えます。

 

※南方作戦は、オーストラリア(ダーウィン)まで進軍を試みたものの、アメリカとオーストラリアの連合軍に阻まれ、アメリカ軍との数々の海戦で日本海軍は惨敗。

 

 

jouhou.com0349

海軍力がなくなった日本軍は、陸軍の侵攻がままならず、ダラットの南方軍も取り残される形で終戦(1945年/昭和20年)を迎えました。

 

その時に日本軍の傀儡政権としてベトナム統治の役目を担っていたのが、バオダイ帝だった訳です。

 

■皇帝バオダイ 詳細 ※ウィキペディア参照
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%82%AA%E3%83%BB%E3%83%80%E3%82%A4

 

 

jouhou.com0350

尚、終戦直後にバオダイ帝の帝政をなくし、民主化を進めたのが、今もベトナム人に愛され、ベトナムの象徴ともされる革命家 ホーチミン氏という歴史背景ですね。

 

当時より避暑地だったダラットにバオダイ帝とその家族のために建てられた別荘はフランス様式にて作られており、現在は別荘の殆どの部屋を見学することが可能です。(1938年に建築され、南方軍の影響が及ぶのは1941年前後)

 

当時の皇帝の別荘での暮らしを思い起こさせる家具や調度品、資料などが展示されており、貸衣装(別途有料)にて皇帝気分を満喫することもできます。

 

 

jouhou.com0344

jouhou.com0342

別荘は市街地から少し離れた小高い丘の上に建っており、以前ご紹介したダラット市内の観光名所の「クレイジーハウス」から、程近い場所に位置します。

 

敷地内への入場は20,000ドン(約100円)で、レトロな別荘の建物の他、整備された庭園や馬車、クラシックカーなどダラットの一昔前の印象的な風景として一見してみてはいかがでしょうか。 ※2017年9月現在

 

 

jouhou.com0343

jouhou.com0347

その際 歴史的な背景も踏まえて、訪ねてみると味わいも深まるやもしれません。

 

わたしは、未読なのですが、当時のダラットの様子は女流作家・林芙美子氏の小説「浮雲」にて描写されているそうですので、史実とは些か異なる部分はあるかもしれませんが、時代観などの参考にはなるかもしれませんね。

 

歴史観を持ってその土地を見るというのも観光が持つ側面の1つであり、魅力ではないでしょうか。

 

 

jouhou.com0345

私見ではありますが、ダラット、気候的にも風土的にも、また訪れたいベトナムの土地の一つです。

 

 

jouhou.com0351

 

名前

皇帝バオダイの別荘(管理:NHA KHACH TINH UY LAM DONG)

住所

01 Nguyen Viet Xuan, 4 Ward, Da Lat City, Lam Dong , VN

電話

+84-(0)26-3381-0506  ※ベトナム国外からは+84が必要

ジャンル

歴史的建造物

詳細

ダラット市内の観光スポット

言語

英語・ベトナム語

 

ベトナムをご訪問されて、お目当ての場所が分からない、言葉が不安、値段交渉、バイクが怖くて道が渡れない、観光地へのご案内などございましたら、ご要望に応じて弊社がサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

 

以下 お問い合わせ先です。

日本からのお問い合わせ先 TEL:092-408-5505
もしくは現地 ホーチミン事務所 TEL:+84-28-3820-3917

 

※ベトナムにお電話をいただく際は、現地スタッフは日本語でご対応いたしますので安心してお問い合わせ下さい。

皆さまからのご連絡、ご相談お待ちしております。

 

1 / 20123...1020...最後 »