旅ベト

ベトナムからの買い付け、輸入などをお考えのお客様はこちらをご覧ください!!
ベトナムからの輸入、買い付け、貿易はベトナムジャパンへ

ベトナムでの通訳、観光ガイド、ショッピングガイド他ガイドサービスはベトナム旅行情報局まで

ベトナムドンと日本円を自動変換-ベトナム旅行情報局のレート自動変換ツール-

日本円とベトナムドンを簡単変換

※計算結果は四捨五入されています

※弊社のレート変換システムは為替レートの正確性を保証しておりません。
実際に為替レートの変更によって影響を受ける取引を行う際は、現在のレートを確認してください。

ベトナムのホーチミン、ハノイの天気

ベトナムの天気

ベトナム北部のハノイ、中部のダナン、南部のホーチミン。
ベトナム三大都市の今現在の天気です。

北部ハノイは夏は高温多湿となり、冬は比較的涼しく、南部ホーチミンは1年中常夏で日差しも強いです。

犬と戯れる男

みなさん、シンチャオ

ベトナム旅行情報局特派員のサカモトです。

今日は、ある革製品販売店を訪れた際、

衝撃的な出来事が、目の前で起こりました。

ご覧ください↓↓
CIMG3703_R

いや~凄いですね。狂犬病怖くて近づかない人(僕)と大違い。
CIMG3704_R

犬好きな人には、無条件で近づくんですね。
CIMG3705_R

本当に、嬉しそうな所長の姿でした。
CIMG3707_R

町中にいる犬に対しては、注意しましょうね。

噛まれたら、自己責任ですので、ご注意あれ。

感染症予防

みなさん、シンチャオ

ベトナム旅行情報局特派員のサカモトです。

今回は、ベトナム滞在時に気を付けておくべきことを紹介します。

存在する感染症です。

食物・水から感染する病気(4~10月に多い)
・コレラ
・A型肝炎、E型肝炎
・腸チフス、パラチフス
・細菌性赤痢、アメーバー赤痢
・食中毒
・寄生虫疾患

虫が媒介する病気(4~10月に多い)
・マラリア
・デング熱
・ペスト
・日本脳炎
・フィアリア症
・リーシュマニア症

その他の疾患(一年中)
・B型肝炎
・狂犬病
・エイズ
・破傷風
・ポリオ(メコンデルタ)

病気の予防方法です。
疲れ
CIMG2999_R

飲み過ぎ
CIMG2608_R

食べ過ぎ
CIMG4770_R

この3点に、注意し、次の食べ物と行動は、特にご注意下さい。

注意したい食べ物
生水・氷(硬水で下痢しやすい)
 (病原菌、肝炎ウィルス)

ミネラルウォーターか、煮沸した水の飲用をしてください。
氷も要注意です。お酒と一緒だから安心と思ってはダメですよ!!

間違ってもこの水は、ダメですよ!!!!
CIMG4036_R
本当に、お腹壊しますよ!!

生もの(刺身・寿司など)・生野菜・果物
 (コレラ、赤痢、寄生虫疾患、食中毒)

新鮮に見えても危険ですので、一流レストランや高級レストランでも控えましょう。

各種の素麺に、葉野菜をのせて食べますが、木の葉に寄生虫がいることがあります。

また、川魚も生食の場合は、要注意です。

乳製品(ヨーグルト・アイスクリームなど)
 (赤痢、食中毒)
保存状態が悪い場合や原料の牛乳が、十分殺菌されていないことがあります。

注意したいこと
蚊に注意(マラリア、デング熱など)

蚊は、様々な病原体を媒介します。蚊取り線香や蚊帳を使用し、

外出の際には、防虫クリームや肌を露出しない服装にするなど対策を万全にしましょう。

水遊び(寄生虫疾患)
河川には、様々な寄生虫が生息しています。
CIMG4040_R

皮膚から侵入するメコン川流域に分布し、感染すると肝機能障害などを起こし死亡することもあります。

マラリア情報
主に熱帯熱マラリアで、都市の中心部、The Red River Delta地帯、Nha Trang北部の沿岸平野を除く全土に存在し、

最南端のCa Mau県、Bac Lieu県と北緯18度以南で、標高1500m以下の高地は、特に危険性が高いようです。

予防薬は、メフロキン(Mefloquine)が、有効です。

服用は、副作用に注意してください。

これ等の情報は、検疫所の情報を参考にしています。

予防接種・狂犬病ワクチン 致死率100%の菌に勝つために。

 
zantetu

 

こんにちは、みなさん。

ベトナム旅行情報局特派員のサカモトです。

今回、ご紹介する内容は、ベトナムに

15日以上滞在、もしくは動物に触れる機会のある方必見です。

今日、予防接種に行ってきました。

この時期に、予防接種って聞くと、

インフルエンザ?と思った方多いでしょ!!

インフルエンザじゃなくて、狂犬病ワクチンです。

注射してもらった病院は、なんとここにあります。

これは、福岡市営地下鉄駅の案内板
CIMG2543

動く歩道で歩きながら、撮影
CIMG2546

空港の地下を移動中、この近くにも銀行があります。
CIMG2548

ここは、福岡空港国内線ターミナルの中で、

クリニックの表示分かります?
CIMG2550

朝9時半ですが、お客さん多い!!

エスカレーターで2階に上がります。
CIMG2551

ここにクリニックがあります。
CIMG2553

近くに、ANAのラウンジがありました。

クリニック内は、患者さんが多いので、撮影断念。

受付後、問診票を記入して、呼ばれるのを待ちます。

診察室で、医師の問診を受けたら、すぐに注射。

これが、打ち勝つ術。
CIMG2554

裏面
CIMG2557

ワクチンが入った注射
CIMG2559

献血経験者ですが、予防接種は久しぶりで、ほんの少し痛かったです。

これで終わりではありません。

ベトナムで、2回目受けに行きます!!

100%の確率で、人生が終わる最強の菌に勝つために!!!

 

zantetu

みなさん、こんばんわ。

ベトナムジャパンのサカモトです。

ベトナム行きが決定してから、1ヶ月経ちます。

この1ヶ月は、向こうでの暮らしについての調査ばかりしていたので、

肝心の予防接種が後回しになっていました

行くのは、来週の木曜日です。

「打ちに行くの、遅いだろうexclamation×2」っと思う方多いと思いますが、

これは、仕方ないことなのです。

ベトナム赴任に備えて、打つべき予防接種は、5つ

A型肝炎、B型肝炎、日本脳炎、破傷風、狂犬病。

これら全てを短期間で打つことは、不可能みたいです。

ベトナムの病院で打つことも考えています。

その為、熟慮した結果、1種類に絞ることにしました。

何を打つか、それは狂犬病

ベトナムは、野良犬が多いと外務省のページに書いてありました。

狂犬病って、菌持っている犬に噛まれたら、100%死ぬって書いてありました。

先程、病院に、予防接種の予約しました

14軒調べた中で、ダントツで安かったです。

 

 

1 / 11