ベトナムに行くならここでしょ, ホーチミン, 観光スポット

アオザイ博物館-1

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

CIMG6266_R
みなさん、シンチャオ

ベトナム旅行情報局特派員のサカモトです。

今回は、2014年1月にオープンしてまだ真新しい博物館をご紹介します。

この博物館の名前は、アオザイ博物館/Bao Tang Ao Dai と言います。

館内紹介

入場料100,000ドン(約500円)支払うと、アオザイを着たガイドさんが案内してくれます。
CIMG6274_R
編み笠を渡されます。雰囲気を味わうため被ったほうが楽しいですよ♪

編み笠を被った弊社スタッフのヴィヴィちゃんです。
CIMG6286_R

しばらく歩くと、園内にアトラクションがあります。
CIMG6278_R
こちらの円を通すように投げるといいそうです。

実際にやってみましょう!!

スタッフのヴィヴィちゃんが挑戦!!!!
CIMG6280_R

結果は、見事通りました♪

実際、僕も挑戦しましたが、上手くいかず、、、。

こちらのアトラクションで楽しんだあとに行くのは、こちらです↓↓
CIMG6284_R

こちらの博物館内は土足厳禁のため、入口で脱いでから行きましょう。

館内は左右に編み笠が飾られています。
CIMG6291_R

館内は暗いです。
CIMG6293_R

入口から奥まで見ることが出来ます。
CIMG6294_R

こちらは、17世紀の「アオトゥータン」と呼ばれていたアオザイです。
CIMG6295_R
当時は布の幅が狭かったため、上衣を作るために前後2枚ずつ4枚の布が必要だったそうです。

そのため、黒いスカートを履くのが一般的だったようです。

伝統を感じるデザインです。
CIMG6305_R

一際、目を惹かれたデザインです。
CIMG6322_R
さて、問題です!!

こちらのアオザイの素材は、何で出来ていると思いますか?

布ではありませんよ。

先程の写真では分かりづらいと思いますので、もう一枚。

ちょっと拡大した写真で考えてみて下さい。
CIMG6323_R

うーん、難しいですか~。

そういえば、ノーヒントでしたね。

素材はです。

土を利用したものといえば、そう答えは陶器です!!

すごく重そうです!!

刺繍が鮮やかなアオザイです。
CIMG6306_R

こちらは日本の浮世絵がデザインされていますね。
CIMG6325_R
浮世絵見ると、なぜか心が落ち着く感じがしました。

他にも沢山のアオザイが展示されています。

興味を持たれた方は、ぜひ行ってみてください。

この看板を目印にしてください。
CIMG6494_R

この続きは、アオザイ博物館-2で書きたいと思います。

アクセス方法をご紹介します!!

こちらは、ホーチミン市内から車で約1時間ほどかかります。

タクシーの料金は、往復で787,000ドン(約3900円)です。
渋滞時に引っかかるともう少し金額が上がるかもしれません。

※この施設周辺にタクシーは走っていないので、運転手さんに待ってもらうことをおススメします。

※何かお困りのことがございましたら、ベトナムジャパンまでご連絡下さい。
☎08-3820-3917

 

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter