ベトナムに行くならここでしょ, ホーチミン, 旅エリア, 観光スポット

潜入・サルの楽園(カンザー)

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

 

皆さま、こんにちは。
ベトナム旅行情報のシモジョウです。

 

ベトナム南部はすっかり雨季となり、日中 スコールが降るようになりました。

ただ、日本の梅雨のような1日シトシトと降るような感じではないので、一時的にしのげれば生活に支障はない感じです。

 
それに都市部を除く、農村にとっては恵みの雨ですし。

 

まあ、スコールにあたった際は、傘も役に立たないくらいズブ濡れになるのですが、、。

場面によっては開き直れるので、びしょ濡れで騒ぎたくなるスコールハイに陥ることもあるとかないとか。(笑)

 

jouhou.com0239

さて、そんな雨季の中 ホーチミンから少し遠出をして、実しやかに囁かれるお猿さんの楽園に先日 潜入してきました。

 

そこは、ホーチミンから南下した場所に位置するカンザーにある 「モンキーアイランド」 、 車で約2時間弱の移動(ホーチミン発)となります。

 

jouhou.com0249

jouhou.com0248

入場料は 大人1名 70,000ドン=約350円 。(2017年5月現在)

 

チケット販売所を過ぎ、少し移動すると道端にはお猿さんが早速 登場。
なんだか、テンションが上がります。

 

 

jouhou.com0247

しかし、このお猿さん方、半分野生ですが、観光客慣れはしていて、態度がでかい。(苦笑)

※基本 野生の動物は人間を避ける傾向があります。(例外あり)

 

そういうこともあり、写真撮影には快く応じてくれるものの油断をすれば、持ち物を強奪される可能性もあります。

 

わたしは、バックパックの横にさしていたペットボトルを奪われそうになり、レンジャーらしき係員から、注意するように則され、身に着けていた帽子やサングラスなどに関しても指導されました。(全てベトナム語でしたが)

 

 

jouhou.com0242

よく聞くと、施設内で流れている放送(ベトナム語+英語)では、食料や飲料などはバッグの中に隠すように指示が出ています。

 

小猿さん方はかわいいく、人が寄ってくると「逃げろぉ」て感じで散っていくのですが、餌付けされた大人のお猿さんは「なんか持ってないのか?」みたいな感じで完全にアウトローな雰囲気ですから、正直 気が気ではなかったです。

 

 

jouhou.com0243

「モンキーアイランド」では、ベトナム戦争時にカンザーで行われた戦闘の詳細を伝える博物館も併設し、マングローブの小川を船(ボート)で周遊することもできるので、お猿さん以外にも見所があるように感じます。

 

 

jouhou.com0244

jouhou.com0245

モンキーアイランドから海岸線までも程近く、ビーチからは河と海を挟んだ対岸のヴンタウも見渡せ、大河と海と陸のパノラマが広がっていますので、ホーチミンからモンキーアイランドへの立ち寄り、カンザーの海岸沿いでゆっくりマッタリというローカル観光もありなんではないでしょうか?

 

ただし、くれぐれもモンキーアイランドのボス猿さん方にはお気をつけくださいませ。

 

 

jouhou.com0241

jouhou.com0246

施設の職員の方が餌を巻いたその時 仁義無き闘いと狂喜を目の当たりにして、ちょっぴり背筋に嫌な汗が流れましたよ。(笑)

 

 

jouhou.com0240

 

名前

モンキーアイランド(Cong ty du lich sinh thai Can Gio)

住所

Thanh Thoi, Long Hoa , Can Gio Ward,HCMC, VN

電話

08-3874-3334  ※ベトナム国外からは+84が必要

ジャンル

観光複合施設

詳細

ホーチミン近郊の観光スポット

言語

英語・ベトナム語

 

ベトナムをご訪問されて、お目当ての場所が分からない、言葉が不安、値段交渉、バイクが怖くて道が渡れない、観光地へのご案内などございましたら、ご要望に応じて弊社がサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

 

以下 お問い合わせ先です。

日本からのお問い合わせ先 TEL:092-408-5505
もしくは現地 ホーチミン事務所 TEL:+84-8-3820-3917

 

※ベトナムにお電話をいただく際は、現地スタッフは日本語でご対応いたしますので安心してお問い合わせ下さい。
皆さまからのご連絡、ご相談お待ちしております。

 

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter