タグ別アーカイブ: 世界遺産

ハノイ発 陸のハロン湾への日帰りツアー (ニンビン)

 

皆さん、チュックムンナンムイ(Chúc mừng năm mời)。

※ベトナム語での新年の挨拶

ベトナム旅行情報局のシモジョウです。

 

 

ベトナムでは、旧正月が明け(太陰暦の元旦は太陽暦の1月28日)、新年がスタートしました。

日本人としては太陽暦(西暦)の正月に次ぐ、正月でやはり些かの違和感は拭い去れません。

さて、本日は太陽暦(西暦)の正月休みの際に出向いたニンビンをご紹介します。

 

 

shiire.com0212

ベトナムの首都ハノイから車で2時間弱の距離にあるニンビン
陸のハロン湾とも称される世界遺産に認定されている景観地を含むベトナムを代表する観光スポットです。

 

観光地としては、大きく2つのコースに分かれまして、「陸のハロン湾のタムコック&古都ホアルー」「東南アジア最大の仏教寺院・ハイディン寺&チャンアン名勝・遺跡群」

 

今回は、比較的 日本人に好まれるという「陸のハロン湾のタムコック&古都ホアルー」の方へ行って参りました。

 

 

shiire.com0205

先ずは、古都ホアルーへ。
ホアルーは、1010年にハノイに首都(世界遺産タンロン皇城)が移されるまでベトナムの首都だった都です。

※その後 首都機能はハノイから中部のフエに移されるのが大まかなベトナムの遷都の歴史。

 

 

shiire.com0204

ホアルーはかつての王宮跡が修復&保存され、現在 国の重要文化財に指定されています。
内部の格式ある建物にはベトナム皇帝や皇族たちが祭られています。

 

特にベトナム北部は中国から侵略の影響もあり、文化的にも中国の影響が色濃く伺えます。
歴史に興味がある方は、是非 足を伸ばしてみてくださいませ。

 

 

shiire.com0206

そこから、陸のハロン湾と称される景観地のタムコックへ移動。
2時間程、地元の船頭さんが操作する小船で川下りの遊覧へ出かけます。

 

 

shiire.com0211

世界で最も若いカルスト地形が隆起する雄大な景色を見ながら、道中はホントにマッタリな感じで、これぞベトナムの原風景といった印象。

 

3つの洞窟を抜け、折り返し地点で待っているのは、物売りの方々。
「船頭さんが1時間漕いで疲れているから、なんか買ってあげて」との殺し文句にやや心が動きますが、船頭さんからは後でチップをねだられると考え、物売りのおば様方には終始、笑顔でNOを貫きます。

 

 

shiire.com0210

因みに船頭さんの中には、オールを足で器用に漕ぐ方もいらっしゃり、見ていて面白かったです。
確かに手で漕ぐよりは、省エネかもしれないし、手が疲れた際に休ませることができるから効率的なのかなとベトナム式の生産性を感じた瞬間でもあります。

 

加えて、足でオールを操作して、写真を撮り、販売してくれるサービスのおじ様とも出会い(捉まり)まして、見事にほぼ強制的な感じで写真を買わされました、、。

 

 

shiire.com0207

物売りも含め、この程度の営業は金額的にもかわいいものですし、その人の現金収入になるならと、私自身は観光地にお金を落とすようにしています。

 

勿論 2時間頑張って漕いでもらった船頭のおば様にも小額ながらチップをお支払いしました。

 

まあ、あからさまなボッタくりには、断固としてNOなんですが。
その人の今後のためにもならないですしね。

 

 

shiire.com0209

タムコックで川下りの後は、隣接するお寺( ビックドン)を案内してもらい、ハノイへ帰着。
日帰りの体験型のツアーとしては、いい内容かなと個人的には感じましたね。

 

ハロン湾は、些か日帰りでは遠いですし、ハノイの近場でベトナムらしさを味わいたいならニンビンはお勧めのスポットです。

次の機会は、ハイディン寺とチャンアン名勝・遺跡群を巡りたいと思います。

 
この時期 北部(ハノイ近郊)は雨は降らないのですが、冬で曇りの日が多いので、晴れの日に観光を希望の場合は、10月などが好ましいそうですね。

 

 

shiire.com0208

弊社から提携の旅行会社にてプライベートツアーもご案内できますので、興味のある方は下記リンクをお確かめいただき、お問い合わせ、ご相談くださいませ。

 

 

陸のハロン湾のタムコック&古都ホアルーへの観光

http://tabiviet.com/?p=523

 

東南アジア最大の仏教寺院・ハイディン寺&チャンアン名勝・遺跡群への観光
http://tabiviet.com/?p=529

 

 

shiire.com0213

 

ベトナムをご訪問されて、お目当ての場所が分からない、言葉が不安、値段交渉、バイクが怖くて道が渡れない、観光地へのご案内などございましたら、ご要望に応じて弊社がサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

 

以下 お問い合わせ先です。

日本からのお問い合わせ先 TEL:092-408-5505
もしくは現地 ホーチミン事務所 TEL:+84-8-3820-3917

 

※ベトナムにお電話をいただく際は、現地スタッフは日本語でご対応いたしますので安心してお問い合わせ下さい。
皆さまからのご連絡、ご相談お待ちしております。

 

月光とランタンに照らされて in ホイアン

 

皆さま、シンチャオ。

ベトナム旅行情報局のシモジョウです。

 

 

明日から10月、日本は いよいよ本格的に秋めいてくる頃。
秋は四季の中で、もっとも日本らしい風情を感じる時期と思っております。

 

 

shiire-com0151

 

本日はベトナムらしい風情を感じられる中部のホイアンをご紹介します。

 

 

ホイアンはベトナム戦争で町並みを破壊されることなく、古く赴きのある建物が並んでいて世界遺産に認定されている街です。

 

 

近頃 全面改修が行われることが決まった街のシンボル的な日本橋を中心にコンパクトながら風情のある町並みが国内外から多くの観光客を呼び込んでいるベトナムを代表する観光地の一つ。

 

 

shiire-com0153

 

日本橋の名前が示すように日本にも馴染みが深い街で、江戸時代に鎖国政策が行われる前のホイアンは国際貿易都市として日本人街があり、日本の貿易商などが主に海を渡り、他の国の同業者と一緒に暮らしていました。

 

 

因みに日本橋を渡る際は費用が必要でENTRACE TICKETが120,000VND(約600円)にて販売されています。(2016年8月時点)

 

 

shiire-com0152

 

お昼の青空の下 映えるカラフルな建物も異国情緒がありますが、夜のホイアンの街はランタンで彩られ、昼とは違う顔を見せてくれます。

 

 

特に満月となる毎月旧暦の14日はランタン祭りが開催され、家々の電気が消され、ランタン(提灯)の明かりだけで街は照らされ幻想的な夜となるそうです。

 

 

shiire-com0154

 

都会的な洗練された建物も悪くはないですが、古い町並みを満月とランタンに照らされ、異国情緒を味わいながら散歩と洒落込むのも素敵な思い出となることでしょう。

 

ホイアンへは中部の主要都市のダナンから、車で1時間で訪れることができますので、是非 ホイアンに1泊してベトナムらしい風情を味わってみるもの一興です。

 

 

shiire-com0155

以下 ホイアンのランタン祭りの予定日となります。(2016年9月現在)

 

<2016年>

■10月14日(金)

■11月13日(日)

■12月12日(月)

 

shiire-com0157

 

<2017年>

■1月11日(水)

■2月10日(金)

■3月11日(土)

■4月10日(月)

■5月9日(火)

■6月8日(木)

 

※天候や諸事情にて予定が変更になる可能性もありますので、ご訪問前に再度 ご確認ください。

 

※旧正月は、上記 ランタン祭りとは異なりますが、街がランタンで彩られているそうです。

 

 

ベトナムをご訪問されて、お目当ての場所が分からない、言葉が不安、値段交渉、バイクが怖くて道が渡れない、観光地へのご案内などございましたら、ご要望に応じて弊社がサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

 

以下 お問い合わせ先です。

日本からのお問い合わせ先 TEL:092-408-5505
もしくは現地 ホーチミン事務所 TEL:+84-8-3820-3917

 

※ベトナムにお電話をいただく際は、現地スタッフは日本語でご対応いたしますので安心してお問い合わせ下さい。
皆さまからのご連絡、ご相談お待ちしております。

 

ベトナムの世界遺産

皆さま、シンチャオ。

ベトナム旅行情報局のシモジョウです。

 

旅行が大好きな方のアンテナに引っかかるワードと言えば、「世界遺産」 というものがあるでしょう。

今現在 ベトナムでは8つの世界遺産があり、その多くが北部と中部に点在しています。

 

 

上記 世界遺産の詳細は以下の通りです。

 

 

フエの建造物群(1993年登録)  ※中部
ホイアンの旧市街(1999年登録)  ※中部
ミーソン遺跡(1999年登録)  ※中部
ハノイのタンロン皇城の中心区域(2010年登録)  ※北部
胡朝(ホー王朝)の城塞 (2011年登録)  ※北部
ハロン湾(1994年、2000年)  ※北部
フォンニャ – ケバン国立公園 (2003年、2015年拡大登録)  ※中部
チャンアンの景観複合体 (2014年登録)  ※北部(ホアルー、タムコック)

 

 

尚、世界遺産には文化遺産、自然遺産、複合遺産の3つの分類があり、

ベトナムは文化遺産の比率(5ヶ所)が多い、現状です。

 

 

shiire.com0037

さて、その文化遺産でもっとも身近なものはハノイ市内にある
「タンロン皇城の中心区域」 かもしれません。

ハノイの中心街に位置し、周囲にはホーチミン廟、ホーチミン氏の旧家や
大統領官邸など観光スポットが密集しています。

 

 

shiire.com0034

タンロン遺跡は800年に及ぶベトナムの王朝の栄枯盛衰の歴史を今に伝えています。
旧ハノイ城跡では今も発掘作業が進められており、考古学ファンには必見のポイントかもしれません。

 

 

shiire.com0036

端門の前の光景はハノイを印象付ける一場面として最適なようで、

ベトナムの学生らも集合写真を好んで撮っています。

 

 

shiire.com0038

個人的には観光地と言うより、雰囲気の良い公園にいるような感覚で、

だだっ広い敷地で本でも読みながらゆっくり過ごすのもありかなと思わせられましたね。

 

 

shiire.com0035

入場料は30,000ドン(約150円)。
見学時間は午前8時半から11時までと午後は14時から17時までとなっています。
尚、月曜日と金曜日は定休だそうですので、予めご留意くださいませ。

 

 

軍事歴史博物館やハロンタワーも併設されていますので、
上記 観光スポットと一緒に巡ってみるのも好ましいかもしれません。

 

 

shiire.com0033

私的に一番行ってみたいベトナムの世界遺産はホイアンです。
提携の旅行会社のベトナム人の代表からも以前 薦められいますし、

憧れのホイアンでいつかランタンナイトを体験してみたいですね。

 

ベトナムをご訪問されて、お目当ての場所が分からない、言葉が不安、値段交渉、バイクが怖くて道が渡れない、観光地へのご案内などございましたら、ご要望に応じて弊社がサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

 

以下 お問い合わせ先です。

日本からのお問い合わせ先 TEL:092-408-5505
もしくは現地 ホーチミン事務所 TEL:+84-8-3820-3917

 

※ベトナムにお電話をいただく際は、現地スタッフは日本語でご対応いたしますので安心してお問い合わせ下さい。
皆さまからのご連絡、ご相談お待ちしております。

中部【ダナン・ホイアン・フエ】

ダナン

中部の最大都市ダナン。

ベトナムの主要な港湾都市でもあり、約50ー100社前後の日本企業が進出しています。

空港からタクシーで10分ぐらいの距離が都市部になります。

ダナンではミーケビーチやコン市場、ハン市場が有名です。

 

ハン市場▼

ベトナム情報局より ダナンのハン市場

 

 

ホイアン

ホイアンの町並みは世界遺産としても有名です。
ダナンから南に車で約1時間の距離にあります。
ホイアン旧市街の街並み▼
ベトナム情報局がおすすめする、ベトナム旅行スポットはホイアンの旧市街

 

 

フエ

世界遺産の王宮南門、宮殿と帝廟があります。
ベトナムの中でも特に美しい街並みがあります。