タグ別アーカイブ: 注意

路上でのひったくり

ベトナム旅行情報局からの注意 ベトナムでのひったくり注意

日本でも、バイクなどで背後から忍び寄り、そのままバッグなどをひったくる事件が増えています。

 

これはベトナムでもそうです。

 

被害者は決して日本人や観光客だけが被害にあっているのではなく、ベトナム人もこのひったくりの被害にあっています。

 

一度弊社の女性スタッフも、僕の目の前でiPadをひったくられました。

 

バイクがゆっくりと背後から近づいてきて、iPadを操作していた彼女の手元からiPadをとったのです。

 

ですが、彼女はすぐにそのiPadにとびつきもみ合いになり、iPadが落ちたところを彼女が拾って、そして犯人はすぐバイクで逃げました。

 

iPadも無事だったので結果オーライでしたが、もみ合いのときに彼女は軽い怪我をしました。

 

 

ひったくりにあった方が悪い、なんてことはありませんが、ひったくられやすいシチュエーションというのはあります。

 

・道路側に面した方向にバッグなどをかけている。

・肩だけでバッグをかけている。

・手にバッグや携帯などを持っている。

・財布がポケットから飛び出している。

・道路のバイクなどの通行する場所のすぐ近くで携帯などを操作している。

・夜に人気のないところを歩く

・自分の所持品がある場所から少し離れる(もってのほかです)。

 

上記のようなシチュエーションであれば、ひったくり、窃盗に合いやすいのは明らかですよね。

なので、このようなことがないように十分気をつけてください。

気をつけることで、犯罪に巻き込まれる可能性を大幅に減らすことができます。

せっかくのベトナム滞在、最後までトラブルフリーで楽しく過ごしましょう!

 

日本の警視庁のサイトも参考にどうぞ

http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/seian/bouhan/bouhan1.htm

タクシーのぼったくり

タクシーで気をつけること ベトナム旅行情報局

はじめに

タクシーについての詳細はこちらに詳しく書いていますので、こちらをお読みください。

 

 

ということで、タクシーについてのポイントなどは既に別の記事にがっつりと記載しております。

 

ですので、

 

ここでは気をつけるポイントを3つご紹介!!!

 

その1

お金の支払い時などに大量のお金を見せるな!!!

 

これで僕は運転手とお金の取り合いをしたことがあります。

しかもあのVINA◯UNタクシーで。

 

タクシーに限ったことではありませんが、なるべくタクシー代のような小銭は別にわけて用意しておいたほうがいいかもしれません。

 

その2

地図やGPSでこまめに道をチェック!

 

遠回りされるとかっていうのもあるんですが、なによりベトナムのタクシードライバーは、

 

道を知らない人が多い!!

 

有名なところはもちろん知ってるでしょうし、地図見せたりすると

「OKOK!」

ぐらい軽く返事しますが、

「貴さん!どこがOKとや!」 by福岡弁

みたいになることが多いんです。

携帯のGPSはとても便利なので、活用しましょう。

 

一方通行の道路が多くて、一見遠回りしてるようでもその道しかいけない、なんてこともあるのでそこは見極めが難しいんですが。。。

 

言葉が通じなくて困ったとき、ピンチになった時は、いつでも連絡してください。

http://japan-vietnam.asia/?cat=168

徒歩

ベトナム旅行でびっくり ベトナムの道路は危険がいっぱいなので歩くときは気をつけて

1位 自動車

2位 バイク

3位 自転車

4位 歩行者

 

これがベトナムでの道路においての優先順位です。

 

日本みたいに、横断したいところで立っていても誰も譲ってはくれません。

どちらかというと、車やバイクの脇をすり抜けて渡ることになります。

信号があるって?

はい。もちろん信号もあります。

でも、赤信号無視も多いですし、右折に至っては信号関係なく曲がってきます。

そうです。

ここは日本ではありません。

青信号でも気をつけてください。

そして歩行者優先の意識はベトナム滞在時は捨てましょう。

信号のない道路を横断するときは、ある程度強引に、そして十二分に気をつけて横断してください。

 

ただ、

徒歩で気をつけることは、

それだけではありません!!!

ベトナム旅行情報。ベトナムで気をつけること 歩いている時にひったくりに注意

道路を歩く際は、ひったくりにも十分気をつけてください。

なるべくバッグ類はたすき掛けができるタイプや、リュックタイプにして、たすき掛けのタイプは車道とは逆に、または体の前方に向けておくよう心がけてください。

 

※上記の注意事項は決してベトナムに限ったことではありません。

日本やその他の国でも十分気をつけてください。