タグ別アーカイブ: 観光スポット

マングローブの森へ(カンザー)

 

皆さま、こんにちは。
ベトナム旅行情報局のシモジョウです。

 

日本は梅雨入りしたと伺っていますが、いかがお過ごしでしょうか?
ベトナム南部も雨季ですが、一時的にスコールに見舞われる感じで、日本の雨季とは些か事情が異なります。

 

さて、本日は恵みの雨が作り上げるホーチミン近郊の自然豊かなカンザーについてご紹介を続けたいと思います。

 

 

jouhou.com0250

カンザーはサイゴン川の下流に位置し、まだ通行用の橋が掛けられていないこともあり、人々は渡しのフェリーで行き来を行っています。

 

日本人の感覚からすると決して快適とは言えませんが、異国情緒が溢れていてこれはこれでありなんじゃあないかと個人的には思い至ります。

 

 

jouhou.com0253
jouhou.com0252

カンザーといえば有名なのは、モンキーアイランドと マングローブの森 

 

良く耳にするマングローブは、河や海の干満がある場所=潮間帯に生息する植物の総称 及び呼称となりまして、マングローブという特定の種の植物が存在する訳ではありません。

 

カンザーのマングローブが有名なのは、悲しいかなベトナム戦争下で枯葉剤の影響を大々的に受けた地域だからです。

 

 

jouhou.com0258

それと同時に戦後 日本のNPOなどの植林作業により、緑が復活した地域でもあり、日本人としては縁のある土地でもあります。

 

現在はその生い茂るマングローブの森の中にいくつかレジャー、観光施設があり、大都市のホーチミンから2時間もあれば大自然で楽しむことが出来ます。

 

今回は、Vam Sat Ecological tourist centerという場所に立ち寄ってきました。

 

 

jouhou.com0256
jouhou.com0255

施設内は、レジャー施設という作りで、アクティビティやプランニングによって費用が変わるという料金体系。

 

入場だけなら、 大人1名:35,000ドン=約175円 (2017年5月現在)と格安。

 

個人的な見所は園内にそびえ立つ展望台で、生憎の天気でしたが、そこから見下ろすマングローブの森と河川は自然の雄大さを感じさせてくれました。(高所恐怖症の方は展望台には恐らく登れないかもです)

 

 

jouhou.com0257

施設にはキャンピングエリアも見受けられ、宿泊での滞在もできる模様。

 

ベトナムのローカルな観光地にしては珍しく、施設のホームページは日本語での閲覧も可能です。(下記ホームページの上部のTieng Nhatをクリック)

 

そういう配慮もこの地域での日本人の貢献度を感じさせられますね。

 

 

jouhou.com0262
jouhou.com0261

現在 前述した渡しの船(フェリー)に代わるホーチミンから直通となる橋も只今 建造中。

 

少しずつホーチミンを基点に今後も周辺地域へ開発の波が拡がっていくのでしょう。

 

瀬渡し(フェリー)で河を渡る、今も風情があっていいのですが、自然と調和して、現地の人がより良い営みをできるような開発が行われることを願い、カンザーを後にしました。

 

 

jouhou.com0254

jouhou.com0260

余談ですが、カンザーは海鮮、海産物で有名な地域でもあるので、シーフード好きの方は、そういった食のローカル観光という方向性も良いかと思われます。

 

シーフードをお腹いっぱい食べても、日本人の感覚からすると格安らしいですよ。

 

ホーチミンから近郊の観光地というとメコンデルタなどが有名ですが、サイゴンデルタ地帯も風情とローカル感があり、合う人にとってはいい観光体験と成り得るでしょう。

 

 

jouhou.com0259

 

名前

Vam Sat Ecological tourist center

住所

Tieu Khu 15A, Ly Nhon Ward, Can Gio,HCMC, VN

電話

08-8869-1586  ※ベトナム国外からは+84が必要

ホームページ

http://vi.vamsat.vn/

ジャンル

レジャー複合施設

詳細

ホーチミン近郊の観光スポット(マングローブの森)

言語

英語・ベトナム語

 

ベトナムをご訪問されて、お目当ての場所が分からない、言葉が不安、値段交渉、バイクが怖くて道が渡れない、観光地へのご案内などございましたら、ご要望に応じて弊社がサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

 

以下 お問い合わせ先です。

日本からのお問い合わせ先 TEL:092-408-5505
もしくは現地 ホーチミン事務所 TEL:+84-8-3820-3917

 

※ベトナムにお電話をいただく際は、現地スタッフは日本語でご対応いたしますので安心してお問い合わせ下さい。
皆さまからのご連絡、ご相談お待ちしております。

 

摩訶不思議なホーチミンのテーマパーク

皆さま、シンチャオ。

ベトナム旅行情報局のシモジョウです。

 

 
5月に入り、ベトナム南部は雨季に突入しました。
今から約半年間 突然のスコールに見舞われることとなります。

 

 

ただ、日本の梅雨とは違い、1日中 雨が降り続くというのは、極稀なケースで、

大抵はザッと降って上がる場合が殆どです。

 

 

なので、スコールの後などは 気化熱の作用で、割と涼しく過ごし易くもあります。
まあ、雨季が本格化するとその1回のスコールが激しいのですが、、。

 

 

shiire.com0113

そんな雨季の晴れ間を利用して、ホーチミンを代表するテーマパークに足を運んできたので、

その模様をレポートしたいと思います。

世界の有名テーマパークに選ばれたこともあるスイティエン公園(Suoi Tien Theme Park)。

 

 

shiire.com0120

 

ホーチミン市 郊外に位置し105ヘクタールの広大な敷地を持ち、1995年の開園から20年以上の歴史を誇る

老舗のテーマパークです。

そのテーマパークのコンセプトは仏教という燻し銀なセレクト。

 

 

shiire.com0112

先ずは受付で入場用のチケットを購入。(90,000ドン/約450円 ※2016年5月 現在)

 

ゲートをくぐると、大きな獅子が鎮座しており、歓迎してくれます。

 

 

shiire.com0114

このようにスケールが半端ない、オブジェが多数 シンボルとして園内に乱立しています。

 

 

shiire.com0119

ここにも。

 

 

shiire.com0115

こんな風なものも。

 

 

shiire.com0105

かと思えば、遊園地的な乗り物も沢山。
園内の乗り物やアトラクションは入場料とは別でのお支払いとなりますので、ご留意ください。

 

 

shiire.com0108

試しにローラーコースターに乗ってみました(60,000ドン/約300円 ※2016年5月 現在)が、安全バーがしっかり固定される訳ではなく、ちゃんと点検とかしているのか?と疑問が過ぎり、それが手に汗握る演出となりました。(苦笑)

 

 

shiire.com0111

観覧車は ローラーコースターより更に大丈夫!?という感じがあり、同行者が男性ということもあり、今回はパス。

 

 

shiire.com0107

更に園内の散策を続けると意外にもモータースポーツを体験できる施設を発見。
カート場とダートのコースがあり、同行者はカートを楽しんでいました。

 

 

shiire.com0106

そして、スイティエン公園といえばプールが有名

 

 

shiire.com0121

敷地の外からも確認できる巨大な男性の顔が彫刻されたモニュメントを前に大きなプールがあり、

使用料(80,000ドン/約400円 ※2016年5月 現在)を払えば、利用できます。

 

 

泳ぎたい方は是非 水着を持参で来園されてください。

 

 

shiire.com0116

そして、最後はお化け屋敷にお邪魔しました。(50,000ドン/約250円 ※2016年5月 現在)

 

個人的にあんまり得意ではないのですが、正直 1度も絶叫することなく、肩透かしを食らった感は否めませんでした。

まあ、こういうものは人によって感じ方が違うので、盛り上がる方は是非 突入してみてください。

 

 

shiire.com0109

その他 ワニを釣り上げるという珍しいアクティビティや園内では1日数回行われているお芝居(活劇)もあり、1日くらいはあっという間に過ぎてしまうのではないかと思える程 沢山のアトラクションやアクティビティがあります。

 

 

shiire.com0118

 

ただ、全体的に日本人の感覚からするとシュールな印象を受ける園内の作りなので、

来園後の感想は人により大きく異なるような予感がしますので、予めご留意くださいませ。

 

 

大人数でワイワイやるのも良し、カップルやコンビで冷やかしにいくのも良し、摩訶不思議な世界観を味わいに足を踏み入れてみてください。

 

 

shiire.com0110

 

ホーチミンの中心街からは、タクシーをチャーターして50分程、ベンタイン市場のバスターミナルから19番のバスで1時間程(運賃:6,000ドン/約30円 ※2016年5月 現在)の道のりとなるようです。

 

名前

スイティエン公園(Suoi Tien Theme Park)

住所

149ABC Nguyen Duy Duong Street, Ward 3, District 10, HCMC, Vietnam

電話

08-3830-4579   ※ベトナム国外からは+84が必要

ジャンル

テーマパーク・遊園地

詳細

http://suoitien.com/en/lich-su-hinh-thanh-2/

言語

英語・ベトナム語

 

ベトナムをご訪問されて、お目当ての場所が分からない、言葉が不安、値段交渉、バイクが怖くて道が渡れない、観光地へのご案内などございましたら、ご要望に応じて弊社がサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

 

以下 お問い合わせ先です。

日本からのお問い合わせ先 TEL:092-408-5505
もしくは現地 ホーチミン事務所 TEL:+84-8-3820-3917

 

※ベトナムにお電話をいただく際は、現地スタッフは日本語でご対応いたしますので安心してお問い合わせ下さい。
皆さまからのご連絡、ご相談お待ちしております。

 

東南アジア 最古のライトハウス

 

皆さま、シンチャオ。

ベトナム旅行情報局のシモジョウです。

 

 

ゴールデンウィークも終わり、その余韻で5月病を発症していませんか?
大型連休となる海外へ足を運ばれる方も多かったでしょうね。

 
ベトナムに観光に来られた方もいらしたのではないでしょうか?
ただ、一口にベトナムといっても南北に長い国ですから、気候や文化も各地域で異なってきます。

 
本日は南部のローカルな観光地をご紹介します。
ビントゥアン省のケーガー小島にあるケーガー灯台

 

shiire.com0089

南国な気候のトロピカルな海にそびえ立つ趣きのある灯台(ライトハウス)は1899年に入植者のフランス人の手により建てられました。

 

大理石をふんだんに使い建築された灯台は、ベトナム国内に留まらず、近隣東南アジア諸国で最も古くて高い灯台として密かな人気を博している観光スポットです。

 

ケーガー小島には小船で定期的に渡れるようになっており、費用は50,000ドン(約250円)くらいでした。
公共の交通機関では、なかなか訪れられない地域にある為 希少な経験となるやもしれません。

 

shiire.com0088

周辺の海や村も素朴で落ち着いた感じで、ベトナムの奥地へ旅をする機会があり、そういうのどかな雰囲気が好きな方は足を伸ばしてみてはいかがでしょうか?

 

ケーガーへは、ファンティエットという地方都市(ビントゥアン省の省都)からバスで1時間弱の道のりです。

 
shiire.com0087

ベトナムをご訪問されて、お目当ての場所が分からない、言葉が不安、値段交渉、バイクが怖くて道が渡れない、観光地へのご案内などございましたら、ご要望に応じて弊社がサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

 

以下 お問い合わせ先です。

日本からのお問い合わせ先 TEL:092-408-5505
もしくは現地 ホーチミン事務所 TEL:+84-8-3820-3917

 

※ベトナムにお電話をいただく際は、現地スタッフは日本語でご対応いたしますので安心してお問い合わせ下さい。
皆さまからのご連絡、ご相談お待ちしております。