タグ別アーカイブ: 観光地

ベトナムの世界遺産

皆さま、シンチャオ。

ベトナム旅行情報局のシモジョウです。

 

旅行が大好きな方のアンテナに引っかかるワードと言えば、「世界遺産」 というものがあるでしょう。

今現在 ベトナムでは8つの世界遺産があり、その多くが北部と中部に点在しています。

 

 

上記 世界遺産の詳細は以下の通りです。

 

 

フエの建造物群(1993年登録)  ※中部
ホイアンの旧市街(1999年登録)  ※中部
ミーソン遺跡(1999年登録)  ※中部
ハノイのタンロン皇城の中心区域(2010年登録)  ※北部
胡朝(ホー王朝)の城塞 (2011年登録)  ※北部
ハロン湾(1994年、2000年)  ※北部
フォンニャ – ケバン国立公園 (2003年、2015年拡大登録)  ※中部
チャンアンの景観複合体 (2014年登録)  ※北部(ホアルー、タムコック)

 

 

尚、世界遺産には文化遺産、自然遺産、複合遺産の3つの分類があり、

ベトナムは文化遺産の比率(5ヶ所)が多い、現状です。

 

 

shiire.com0037

さて、その文化遺産でもっとも身近なものはハノイ市内にある
「タンロン皇城の中心区域」 かもしれません。

ハノイの中心街に位置し、周囲にはホーチミン廟、ホーチミン氏の旧家や
大統領官邸など観光スポットが密集しています。

 

 

shiire.com0034

タンロン遺跡は800年に及ぶベトナムの王朝の栄枯盛衰の歴史を今に伝えています。
旧ハノイ城跡では今も発掘作業が進められており、考古学ファンには必見のポイントかもしれません。

 

 

shiire.com0036

端門の前の光景はハノイを印象付ける一場面として最適なようで、

ベトナムの学生らも集合写真を好んで撮っています。

 

 

shiire.com0038

個人的には観光地と言うより、雰囲気の良い公園にいるような感覚で、

だだっ広い敷地で本でも読みながらゆっくり過ごすのもありかなと思わせられましたね。

 

 

shiire.com0035

入場料は30,000ドン(約150円)。
見学時間は午前8時半から11時までと午後は14時から17時までとなっています。
尚、月曜日と金曜日は定休だそうですので、予めご留意くださいませ。

 

 

軍事歴史博物館やハロンタワーも併設されていますので、
上記 観光スポットと一緒に巡ってみるのも好ましいかもしれません。

 

 

shiire.com0033

私的に一番行ってみたいベトナムの世界遺産はホイアンです。
提携の旅行会社のベトナム人の代表からも以前 薦められいますし、

憧れのホイアンでいつかランタンナイトを体験してみたいですね。

 

ベトナムをご訪問されて、お目当ての場所が分からない、言葉が不安、値段交渉、バイクが怖くて道が渡れない、観光地へのご案内などございましたら、ご要望に応じて弊社がサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

 

以下 お問い合わせ先です。

日本からのお問い合わせ先 TEL:092-408-5505
もしくは現地 ホーチミン事務所 TEL:+84-8-3820-3917

 

※ベトナムにお電話をいただく際は、現地スタッフは日本語でご対応いたしますので安心してお問い合わせ下さい。
皆さまからのご連絡、ご相談お待ちしております。

ベトナムの学業の神様

皆さま、シンチャオ。

ベトナム旅行情報局のシモジョウです。

 
我が情報局はホーチミンを拠点としていますので、ハノイの最新情報がやや手薄な感は否めません。

そんな訳で今回はハノイの観光スポットのお知らせです。

 
shiire.com0024

ベトナムの首都ハノイは俗に千年都市と呼ばれベトナムの政治、文化の中心地として知られています。
そんなハノイ市内の有名な観光の名所といえば「文廟」

 
shiire.com0023

11世紀後半に孔子を祀るために建てられた場所で、ベトナム最古の大学の跡地となっているそうです。
ベトナム国内旅行のランキングでも常に上位を保っているそうで国内外問わずハノイを訪れた際はマストで足を運ぶ観光名所と言えます。

 

学業に縁がある場所なので、ベトナムの方も大事な試験などがある際は文廟に祈りにくるらしく敷地内は受験生の姿も目立ち、そういう学業成就や合格祈願の神頼み的な想いはきっと万国共通なのでしょう。

 

 

shiire.com0021

文廟の開場時間は7時半から17時半までで、入場料は30,000ドン(約150円)となっています。
ハノイにお越しの際は足を運ばれてみてはいかがでしょうか。
文廟の場所は、ハノイ駅から徒歩15分程で、近くには美術博物館もあります。

 

 

shiire.com0020

 

因みに文廟を凌ぐ ベトナム国内ランキングの上位に輝くのは情報局のお膝元であるホーチミンから出発のクチトンネルとのことですので、ハノイにはハノイの、ホーチミンにはホーチミンの魅力がぞれぞれにあるように思えます。

 

弊社のガイドサービスを含め提携旅行会社でのプライベートツアーなどベトナムの二大都市での観光案内も情報局にご相談くださいませ。

 

ベトナムをご訪問されて、お目当ての場所が分からない、言葉が不安、値段交渉、バイクが怖くて道が渡れない、観光地へのご案内などございましたら、ご要望に応じて弊社がサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

 

以下 お問い合わせ先です。

日本からのお問い合わせ先 TEL:092-408-5505
もしくは現地 ホーチミン事務所 TEL:+84-8-3820-3917

 

※ベトナムにお電話をいただく際は、現地スタッフは日本語でご対応いたしますので安心してお問い合わせ下さい。
皆さまからのご連絡、ご相談お待ちしております。