こんなことに注意しよう, ベトナムの物価, ベトナム雑学

シクロの相場

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

皆さま、シンチャオ。

ベトナム旅行情報局のシモジョウです。

 
 

ベトナムの有名なものといったら皆様は何を思い浮かべますか?
「シクロ」という名前にピーンと来た方はベトナム通かもしれません。

 

 

シクロは自転車と日本で言う人力車の乗車部をくっ付けたベトナム特有の乗り物です。
「世界の最もユニークな乗り物」ランキングなるものにも選出され、世界的にも

ベトナムを印象付ける物の1つかもしれませんね。

 
shiire.com0042

と言いつつ、わたくしは未だに未体験の乗り物です。
なぜなら、なかなか相場が分からないので ちょっと怖くて遠慮しています。

 

 

しかし、調べてみると当たり前ですが、シクロにも相場があります。
そして、観光用、つまり料金を徴収する場合は行政の許可=ナンバープレートが必要となります。

 

 

運賃は距離や場所によって異なるそうですが、ホーチミンの労働組合の契約書によると
今現在 1時間 / 50,000ドン(約250円)となっているそうです。

 

 

shiire.com0041

ただ、聞く話によると中々 悪どい事をしている連中もいるそうで、利用する場合は事前の
値段交渉をしっかり行い、ナンバーが付いているか隠していないかなどをマストでチェックしましょう。

 

 

因みに日本の大使館や領事館からのシクロ利用についての注意は
「極力利用しない」 ということだそうです。

 

 

shiire.com0044

個人的な見解にはなりますが、観光地の外国人に対してスレている人を除けば
当たり前ですが、そんなに悪い人ばかりではないです、ベトナムの方は。

 

 

なので、シクロでベトナムの風情を味わいたい場合は十分に交渉と確認をして乗車を判断するか、
旅行会社が取り仕切るシクロツアーに参加する方が好ましいかと思います。

 

 

勿論 日本とは異なりますので日本の常識は持ち込まず、自己責任にての対応が求められます。

「世界の最もユニークな乗り物」ランキングには上記 人力車もランクインしているそうです。
 

 

それと、東南アジアを代表する乗り物のトゥクトゥク(バイクに人を乗せる台車が付いているもの)は
隣国のカンボジアやタイでは活躍しているものの、ベトナムでは道路の交通法規の観点から規制されているそうです。

 

 

shiire.com0043

東南アジアも国によりお国柄は様々ということでしょうね。
一度は自分もシクロを体験してみたいと思います。

 

 

 

ベトナムをご訪問されて、お目当ての場所が分からない、言葉が不安、値段交渉、バイクが怖くて道が渡れない、観光地へのご案内などございましたら、ご要望に応じて弊社がサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

 

以下 お問い合わせ先です。

日本からのお問い合わせ先 TEL:092-408-5505
もしくは現地 ホーチミン事務所 TEL:+84-8-3820-3917

 

※ベトナムにお電話をいただく際は、現地スタッフは日本語でご対応いたしますので安心してお問い合わせ下さい。
皆さまからのご連絡、ご相談お待ちしております。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter