タグ別アーカイブ: アオザイ博物館

アオザイ博物館-2

みなさん、シンチャオ

ベトナム旅行情報局特派員のサカモトです。

前回のアオザイ博物館-1の続きを書いていきます。

こちらは、アオザイへの理解を高めるために2005年から6~12歳の子どもたちを対象にしたコンテストの優秀作品です。
CIMG6332_R
鮮やかなデザインです。

シー・ホアンさんが色々なアオザイのデザインをされたそうです。この博物館の開設者です。
CIMG6338_R

博物館内のご紹介で終了しましたが、今回は館内の他の施設をご紹介します。

ちなみに入場券を購入するとこのようなキーホルダーが貰えます。
CIMG6279_R

もちろん購入すること(60,000ドン 約300円)も出来ます。

次にガイドさんが案内してくれたのは、最新のアオザイのデザインが展示された場所でした。
CIMG6350_R

白い布に色付けしたのが、左右にあるアオザイです。
CIMG6358_R
色鮮やかで綺麗でした♪

他のアオザイのデザインです。
CIMG6360_R

2階に展示されていたアオザイです。
CIMG6362_R

アオザイ美人のガイドさんです。
CIMG6369_R
何度写真撮影を交渉しても嫌がるガイドさんでしたが、何とか願いが通じて撮影することが出来ました♪♪

園内紹介です

CIMG6366_R

CIMG6378_R

池になぜかナマズがいました。
CIMG6387_R

このように広い池なら、大きくなるの分かる気がします。
CIMG6390_R

その後案内が終わると、アオザイを着ることが出来ると教えてくれました。
CIMG6263_R
アオザイって女性のイメージが強いので、このときまで男性用があることを知りませんでした。

レンタル料100,000ドン(約500円)です。

ちなみにここはアオザイショーを行うための舞台です
CIMG6393_R

これだけ衣装ありますが、男性用は、、、、。
CIMG6398_R

なんとこれだけ、、、。
CIMG6397_R

この中で一番派手なアオザイを選んでみました!!
CIMG6405_R

裏のデザインです。
CIMG6409_R

さて、なぜ屋内の写真ばかりかというと、このとき外は豪雨、、、。

せっかく派手なアオザイを着たのに、モテるチャンスが無くなりました、、、。

外に出て撮影出来ず(涙)

泣く泣く屋内で散々写真撮りましたが、何か足りないことに気が付きました。

それは、帽子!!!!

帽子借りるのに、50,000ドン(約250円)
試着室のみの着用と交渉してもらいましたので、無料になりました。
CIMG6425_R

ちなみに上から羽織っているので、着衣は簡単です。
CIMG6429_R

※アオザイは、ベトナム語で「長い上着」の意味です。

先程の博物館の反対側にはお土産物コーナーがありました。
CIMG6459_R

アオザイを着たバービー人形で目の保養をして下さい。
CIMG6460_R
長々とご説明いたしましたが、女性だけじゃなく男性も楽しめる場所だと思います。

 

※将来的に、1区にあるホーチミン博物館から船で行けるようになるそうです。

ベトナム旅行情報局のガイドについて

名前

アオザイ博物館  Bao Tang Ao Dai

住所

206/19/30 Long Thuan St.,Long Phuoc Ward, Dist 9,Ho Chi Minh City

電話

(08) 35-073-840 または 0914-912-982

ジャンル

観光スポット

営業時間

AM 8:30-PM 5:30

言語

英語・ベトナム語

一言

ホーチミン市内から約1時間かかります。要ドリンク持参。休みは旧正月

アオザイ博物館-1

CIMG6266_R
みなさん、シンチャオ

ベトナム旅行情報局特派員のサカモトです。

今回は、2014年1月にオープンしてまだ真新しい博物館をご紹介します。

この博物館の名前は、アオザイ博物館/Bao Tang Ao Dai と言います。

館内紹介

入場料100,000ドン(約500円)支払うと、アオザイを着たガイドさんが案内してくれます。
CIMG6274_R
編み笠を渡されます。雰囲気を味わうため被ったほうが楽しいですよ♪

編み笠を被った弊社スタッフのヴィヴィちゃんです。
CIMG6286_R

しばらく歩くと、園内にアトラクションがあります。
CIMG6278_R
こちらの円を通すように投げるといいそうです。

実際にやってみましょう!!

スタッフのヴィヴィちゃんが挑戦!!!!
CIMG6280_R

結果は、見事通りました♪

実際、僕も挑戦しましたが、上手くいかず、、、。

こちらのアトラクションで楽しんだあとに行くのは、こちらです↓↓
CIMG6284_R

こちらの博物館内は土足厳禁のため、入口で脱いでから行きましょう。

館内は左右に編み笠が飾られています。
CIMG6291_R

館内は暗いです。
CIMG6293_R

入口から奥まで見ることが出来ます。
CIMG6294_R

こちらは、17世紀の「アオトゥータン」と呼ばれていたアオザイです。
CIMG6295_R
当時は布の幅が狭かったため、上衣を作るために前後2枚ずつ4枚の布が必要だったそうです。

そのため、黒いスカートを履くのが一般的だったようです。

伝統を感じるデザインです。
CIMG6305_R

一際、目を惹かれたデザインです。
CIMG6322_R
さて、問題です!!

こちらのアオザイの素材は、何で出来ていると思いますか?

布ではありませんよ。

先程の写真では分かりづらいと思いますので、もう一枚。

ちょっと拡大した写真で考えてみて下さい。
CIMG6323_R

うーん、難しいですか~。

そういえば、ノーヒントでしたね。

素材はです。

土を利用したものといえば、そう答えは陶器です!!

すごく重そうです!!

刺繍が鮮やかなアオザイです。
CIMG6306_R

こちらは日本の浮世絵がデザインされていますね。
CIMG6325_R
浮世絵見ると、なぜか心が落ち着く感じがしました。

他にも沢山のアオザイが展示されています。

興味を持たれた方は、ぜひ行ってみてください。

この看板を目印にしてください。
CIMG6494_R

この続きは、アオザイ博物館-2で書きたいと思います。

アクセス方法をご紹介します!!

こちらは、ホーチミン市内から車で約1時間ほどかかります。

タクシーの料金は、往復で787,000ドン(約3900円)です。
渋滞時に引っかかるともう少し金額が上がるかもしれません。

※この施設周辺にタクシーは走っていないので、運転手さんに待ってもらうことをおススメします。

※何かお困りのことがございましたら、ベトナムジャパンまでご連絡下さい。
☎08-3820-3917