タグ別アーカイブ: カンザー

マングローブの森へ(カンザー)

 

皆さま、こんにちは。
ベトナム旅行情報局のシモジョウです。

 

日本は梅雨入りしたと伺っていますが、いかがお過ごしでしょうか?
ベトナム南部も雨季ですが、一時的にスコールに見舞われる感じで、日本の雨季とは些か事情が異なります。

 

さて、本日は恵みの雨が作り上げるホーチミン近郊の自然豊かなカンザーについてご紹介を続けたいと思います。

 

 

jouhou.com0250

カンザーはサイゴン川の下流に位置し、まだ通行用の橋が掛けられていないこともあり、人々は渡しのフェリーで行き来を行っています。

 

日本人の感覚からすると決して快適とは言えませんが、異国情緒が溢れていてこれはこれでありなんじゃあないかと個人的には思い至ります。

 

 

jouhou.com0253
jouhou.com0252

カンザーといえば有名なのは、モンキーアイランドと マングローブの森 

 

良く耳にするマングローブは、河や海の干満がある場所=潮間帯に生息する植物の総称 及び呼称となりまして、マングローブという特定の種の植物が存在する訳ではありません。

 

カンザーのマングローブが有名なのは、悲しいかなベトナム戦争下で枯葉剤の影響を大々的に受けた地域だからです。

 

 

jouhou.com0258

それと同時に戦後 日本のNPOなどの植林作業により、緑が復活した地域でもあり、日本人としては縁のある土地でもあります。

 

現在はその生い茂るマングローブの森の中にいくつかレジャー、観光施設があり、大都市のホーチミンから2時間もあれば大自然で楽しむことが出来ます。

 

今回は、Vam Sat Ecological tourist centerという場所に立ち寄ってきました。

 

 

jouhou.com0256
jouhou.com0255

施設内は、レジャー施設という作りで、アクティビティやプランニングによって費用が変わるという料金体系。

 

入場だけなら、 大人1名:35,000ドン=約175円 (2017年5月現在)と格安。

 

個人的な見所は園内にそびえ立つ展望台で、生憎の天気でしたが、そこから見下ろすマングローブの森と河川は自然の雄大さを感じさせてくれました。(高所恐怖症の方は展望台には恐らく登れないかもです)

 

 

jouhou.com0257

施設にはキャンピングエリアも見受けられ、宿泊での滞在もできる模様。

 

ベトナムのローカルな観光地にしては珍しく、施設のホームページは日本語での閲覧も可能です。(下記ホームページの上部のTieng Nhatをクリック)

 

そういう配慮もこの地域での日本人の貢献度を感じさせられますね。

 

 

jouhou.com0262
jouhou.com0261

現在 前述した渡しの船(フェリー)に代わるホーチミンから直通となる橋も只今 建造中。

 

少しずつホーチミンを基点に今後も周辺地域へ開発の波が拡がっていくのでしょう。

 

瀬渡し(フェリー)で河を渡る、今も風情があっていいのですが、自然と調和して、現地の人がより良い営みをできるような開発が行われることを願い、カンザーを後にしました。

 

 

jouhou.com0254

jouhou.com0260

余談ですが、カンザーは海鮮、海産物で有名な地域でもあるので、シーフード好きの方は、そういった食のローカル観光という方向性も良いかと思われます。

 

シーフードをお腹いっぱい食べても、日本人の感覚からすると格安らしいですよ。

 

ホーチミンから近郊の観光地というとメコンデルタなどが有名ですが、サイゴンデルタ地帯も風情とローカル感があり、合う人にとってはいい観光体験と成り得るでしょう。

 

 

jouhou.com0259

 

名前

Vam Sat Ecological tourist center

住所

Tieu Khu 15A, Ly Nhon Ward, Can Gio,HCMC, VN

電話

08-8869-1586  ※ベトナム国外からは+84が必要

ホームページ

http://vi.vamsat.vn/

ジャンル

レジャー複合施設

詳細

ホーチミン近郊の観光スポット(マングローブの森)

言語

英語・ベトナム語

 

ベトナムをご訪問されて、お目当ての場所が分からない、言葉が不安、値段交渉、バイクが怖くて道が渡れない、観光地へのご案内などございましたら、ご要望に応じて弊社がサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

 

以下 お問い合わせ先です。

日本からのお問い合わせ先 TEL:092-408-5505
もしくは現地 ホーチミン事務所 TEL:+84-8-3820-3917

 

※ベトナムにお電話をいただく際は、現地スタッフは日本語でご対応いたしますので安心してお問い合わせ下さい。
皆さまからのご連絡、ご相談お待ちしております。

 

潜入・サルの楽園(カンザー)

 

皆さま、こんにちは。
ベトナム旅行情報局のシモジョウです。

 

ベトナム南部はすっかり雨季となり、日中 スコールが降るようになりました。

ただ、日本の梅雨のような1日シトシトと降るような感じではないので、一時的にしのげれば生活に支障はない感じです。

 
それに都市部を除く、農村にとっては恵みの雨ですし。

 

まあ、スコールにあたった際は、傘も役に立たないくらいズブ濡れになるのですが、、。

場面によっては開き直れるので、びしょ濡れで騒ぎたくなるスコールハイに陥ることもあるとかないとか。(笑)

 

jouhou.com0239

さて、そんな雨季の中 ホーチミンから少し遠出をして、実しやかに囁かれるお猿さんの楽園に先日 潜入してきました。

 

そこは、ホーチミンから南下した場所に位置するカンザーにある 「モンキーアイランド」 、 車で約2時間弱の移動(ホーチミン発)となります。

 

jouhou.com0249

jouhou.com0248

入場料は 大人1名 70,000ドン=約350円 。(2017年5月現在)

 

チケット販売所を過ぎ、少し移動すると道端にはお猿さんが早速 登場。
なんだか、テンションが上がります。

 

 

jouhou.com0247

しかし、このお猿さん方、半分野生ですが、観光客慣れはしていて、態度がでかい。(苦笑)

※基本 野生の動物は人間を避ける傾向があります。(例外あり)

 

そういうこともあり、写真撮影には快く応じてくれるものの油断をすれば、持ち物を強奪される可能性もあります。

 

わたしは、バックパックの横にさしていたペットボトルを奪われそうになり、レンジャーらしき係員から、注意するように則され、身に着けていた帽子やサングラスなどに関しても指導されました。(全てベトナム語でしたが)

 

 

jouhou.com0242

よく聞くと、施設内で流れている放送(ベトナム語+英語)では、食料や飲料などはバッグの中に隠すように指示が出ています。

 

小猿さん方はかわいいく、人が寄ってくると「逃げろぉ」て感じで散っていくのですが、餌付けされた大人のお猿さんは「なんか持ってないのか?」みたいな感じで完全にアウトローな雰囲気ですから、正直 気が気ではなかったです。

 

 

jouhou.com0243

「モンキーアイランド」では、ベトナム戦争時にカンザーで行われた戦闘の詳細を伝える博物館も併設し、マングローブの小川を船(ボート)で周遊することもできるので、お猿さん以外にも見所があるように感じます。

 

 

jouhou.com0244

jouhou.com0245

モンキーアイランドから海岸線までも程近く、ビーチからは河と海を挟んだ対岸のヴンタウも見渡せ、大河と海と陸のパノラマが広がっていますので、ホーチミンからモンキーアイランドへの立ち寄り、カンザーの海岸沿いでゆっくりマッタリというローカル観光もありなんではないでしょうか?

 

ただし、くれぐれもモンキーアイランドのボス猿さん方にはお気をつけくださいませ。

 

 

jouhou.com0241

jouhou.com0246

施設の職員の方が餌を巻いたその時 仁義無き闘いと狂喜を目の当たりにして、ちょっぴり背筋に嫌な汗が流れましたよ。(笑)

 

 

jouhou.com0240

 

名前

モンキーアイランド(Cong ty du lich sinh thai Can Gio)

住所

Thanh Thoi, Long Hoa , Can Gio Ward,HCMC, VN

電話

08-3874-3334  ※ベトナム国外からは+84が必要

ジャンル

観光複合施設

詳細

ホーチミン近郊の観光スポット

言語

英語・ベトナム語

 

ベトナムをご訪問されて、お目当ての場所が分からない、言葉が不安、値段交渉、バイクが怖くて道が渡れない、観光地へのご案内などございましたら、ご要望に応じて弊社がサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

 

以下 お問い合わせ先です。

日本からのお問い合わせ先 TEL:092-408-5505
もしくは現地 ホーチミン事務所 TEL:+84-8-3820-3917

 

※ベトナムにお電話をいただく際は、現地スタッフは日本語でご対応いたしますので安心してお問い合わせ下さい。
皆さまからのご連絡、ご相談お待ちしております。