タグ別アーカイブ: 博物館

ホーチミン博物館

CIMG7784_R
みなさん、シンチャオ

ベトナム旅行情報局特派員のサカモトです。

今日みなさんに、ご紹介いたしますのはホー・チ・ミン博物館です。

Bao Tang Ho Chi Minhは、ホーチミン博物館のことです。

入場料は、10000ドン(約50円)です。
CIMG7790_R

この博物館、サイゴン川に面しており、立地はすごくいいです。

サイゴン川を渡ってすぐの場所にあります。
CIMG7788_R

さて、こちらの建物ですが、1862年に建てられた、最古のフランス民間建築物です。
CIMG7814_R

後ほどご紹介しますが、屋根に飾ってあるものに驚きました。

それが何かは、出てくるのをお楽しみに。

館内の展示物紹介

こういう銅像があったり、
CIMG7795_R

こういう絵画があったりします。
CIMG7794_R

説明書きは、ベトナム語と英語表記です。

ベトナム語表記のみのところが多いだけに、助かります。

写真5000枚を使ったホーチミン氏の肖像画
CIMG7799_R
展示品の説明文のいたるところに、Uncleと表記されているので、慕われていることが分かります。

外には、こういったものが飾られています。
CIMG7806_R

館内の展示物は、ベトナム戦争関連の展示物も多いです。
1階には、ホーチミン氏の銅像があり、お祈りをしている人を見かけました。

この博物館は、外国人観光客よりベトナムの方が多い場所です!!

色々な展示物を見てたら疲れたので、外のイスに座って屋根を見上げたら、不思議なものがありました。

建物は西洋風なのに、屋根には、、、。

龍です!!龍と言えば、東洋のイメージが強いです。
CIMG7819_R

さらに屋根の真ん中には、、、。

馬です!!なんで、馬が屋根にいるの?と思ってしまいました(笑)
CIMG7820_R

最後に博物館2階から見たサイゴン川の景色です。
CIMG7830_R

この日の天候は、下り坂だったので、雨が降りそうです、、。

天気がいい日に来ていたら、もっと建物が綺麗に見えたと思います(笑)

この博物館、ドンコイ通りから歩いていけますが、ちょっと遠いかもしれません。

ベトナム旅行でホーチミン市を訪れた際は、サイゴン川散策のついでに博物館見学はどうですか?

記念撮影に最適なので、楽しいと思いますよ♪

サイゴン川にかかる橋に歩道はあります。
※徒歩で移動しているとバイクタクシーの勧誘が多いですよ。

ベトナムに旅行来られて、レストランの場所が分からない、言葉の不安、バイクが怖くて道が渡れない、値段交渉、観光地の案内などその他色々ございましたら、
弊社がご案内いたしますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

問い合わせ先です↓↓

日本からお問い合わせの場合 TEL:092-408-5505 もしくはホーチミン事務所+84-8-3820-3917
ベトナムでお問い合わせの場合 TEL:08-3820-3917
※ベトナムにお電話をいただく場合、現地スタッフは日本語を話せますので、ご安心しておかけください♪
ご連絡待ってま~す♪

詳細はこちらに記載しております。
http://japan-vietnam.asia

名前

ホーチミン博物館 Bao Tang Ho Chi Minh

住所

1 Nguyen Tat Thanh St, Dist 4,Ho Chi Minh City

電話

(08) 38-255-740

ジャンル

観光スポット

営業時間

AM 7:00-PM 10:00

言語

英語・ベトナム語

一言

サイゴン川沿いにある赤い建物です。川沿いにあるので記念撮影に最適です。

ホーチミン市博物館

CIMG5988_R
みなさん、シンチャオ

ベトナム旅行情報局特派員のサカモトです。

今回ご紹介いたしますのは

ホーチミン市博物館です

こちらは、ホーチミン市の歴史を遡ることが出来る博物館です。

上の写真は、入口の写真です。

※入口は、リートゥチョン通りとナムキーコイギア通りが重なるところにあります
※どこが入口なのか、分かりづらいと思いますので、こちらに行かれる際は参考にしてください。

入場料は、15,000ドン(約75円)です。
CIMG5990_R
日本の博物館に比べたら、相当安いですよ!!

写真撮影OKでこの金額はかなりお得です。
※一部撮影出来ない場所もございます。

博物館の正面入り口です。
CIMG5992_R

博物館館内の紹介です!!

これは、博物館の昔の写真のようです。
CIMG5996_R

分銅が見えます。
CIMG6001_R

昔の商売の様子みたいです。
CIMG6005_R

反対側には、錨が展示されていました。
CIMG6011_R

別のコーナーには、マングローブが展示されていました。
CIMG6018_R
この木の下には、あるものが展示されています。

それは、、、。

↓↓

ワニ!!
CIMG6019_R
このワニが、剥製か偽物なのか間近で見ましたが、判断つきませんでした(笑)

地層についての紹介もあります。
CIMG6024_R

博物館の外には、こちらが展示されています。
CIMG6026_R

一際目を惹かれる木です。
CIMG6027_R
博物館近くの公園にもこの木はあります。

1階を見て回って、さあ2階に行こうと思ったら行けない!!!!

理由は、下の写真を見て下さい。

↓↓
CIMG5994_R
新婚カップルが記念撮影していました。

それも2階に上がる2つの階段で、、、(泣)。

※ホーチミン市で綺麗な建物がある観光地ではよく新婚カップルが記念撮影しています。

仕方ないので、外に出て散策。

このように車が展示されていました。
CIMG6038_R

そろそろ上に行けるだろうと階段に向かうと、何とか2階に上がれました♪
CIMG6084_R

このハンモックの展示物見たとき、凄い!!と思いました。
CIMG6091_R
これだと上空から見つからず寝ることが出来るなと。

真ん中にこのように広い休憩スペースがあります。
CIMG6098_R

古いバイクとともに、ベスパが飾られていました。
CIMG6111_R
ベスパは、ベトナムでよくみるバイクの一つです。

博物館外の柱をよく見ると、顔の彫刻がありました。
CIMG6123_R
う~ん面白いです(笑)

皆さんもホーチミンにお越しの際は、買い物の休憩の合間に訪れてみてください。

ベトナムに旅行来られて、レストランの場所が分からない、言葉の不安、バイクが怖くて道が渡れない、値段交渉、観光地の案内などその他色々ございましたら、
弊社がご案内いたしますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

問い合わせ先です↓↓

日本からお問い合わせの場合 TEL:092-408-5505 もしくはホーチミン事務所+84-8-3820-3917
ベトナムでお問い合わせの場合 TEL:08-3820-3917
※ベトナムにお電話をいただく場合、現地スタッフは日本語を話せますので、ご安心しておかけください♪
ご連絡待ってま~す♪

詳細はこちらに記載しております。
http://japan-vietnam.asia/?page_id=1921

 

名前

ホーチミン市博物館 Bao Tang Thanh Pho Ho Chi Minh

住所

65 Ly Tu Ttong St, Dist 1,Ho Chi Minh City

電話

(08) 38-299-741

ジャンル

観光

営業時間

AM 8:00-PM 4:30

言語

英語・ベトナム語

一言

リートゥチョン通りとナムキーコイギア通りが交差するところにあります。

アオザイ博物館-1

CIMG6266_R
みなさん、シンチャオ

ベトナム旅行情報局特派員のサカモトです。

今回は、2014年1月にオープンしてまだ真新しい博物館をご紹介します。

この博物館の名前は、アオザイ博物館/Bao Tang Ao Dai と言います。

館内紹介

入場料100,000ドン(約500円)支払うと、アオザイを着たガイドさんが案内してくれます。
CIMG6274_R
編み笠を渡されます。雰囲気を味わうため被ったほうが楽しいですよ♪

編み笠を被った弊社スタッフのヴィヴィちゃんです。
CIMG6286_R

しばらく歩くと、園内にアトラクションがあります。
CIMG6278_R
こちらの円を通すように投げるといいそうです。

実際にやってみましょう!!

スタッフのヴィヴィちゃんが挑戦!!!!
CIMG6280_R

結果は、見事通りました♪

実際、僕も挑戦しましたが、上手くいかず、、、。

こちらのアトラクションで楽しんだあとに行くのは、こちらです↓↓
CIMG6284_R

こちらの博物館内は土足厳禁のため、入口で脱いでから行きましょう。

館内は左右に編み笠が飾られています。
CIMG6291_R

館内は暗いです。
CIMG6293_R

入口から奥まで見ることが出来ます。
CIMG6294_R

こちらは、17世紀の「アオトゥータン」と呼ばれていたアオザイです。
CIMG6295_R
当時は布の幅が狭かったため、上衣を作るために前後2枚ずつ4枚の布が必要だったそうです。

そのため、黒いスカートを履くのが一般的だったようです。

伝統を感じるデザインです。
CIMG6305_R

一際、目を惹かれたデザインです。
CIMG6322_R
さて、問題です!!

こちらのアオザイの素材は、何で出来ていると思いますか?

布ではありませんよ。

先程の写真では分かりづらいと思いますので、もう一枚。

ちょっと拡大した写真で考えてみて下さい。
CIMG6323_R

うーん、難しいですか~。

そういえば、ノーヒントでしたね。

素材はです。

土を利用したものといえば、そう答えは陶器です!!

すごく重そうです!!

刺繍が鮮やかなアオザイです。
CIMG6306_R

こちらは日本の浮世絵がデザインされていますね。
CIMG6325_R
浮世絵見ると、なぜか心が落ち着く感じがしました。

他にも沢山のアオザイが展示されています。

興味を持たれた方は、ぜひ行ってみてください。

この看板を目印にしてください。
CIMG6494_R

この続きは、アオザイ博物館-2で書きたいと思います。

アクセス方法をご紹介します!!

こちらは、ホーチミン市内から車で約1時間ほどかかります。

タクシーの料金は、往復で787,000ドン(約3900円)です。
渋滞時に引っかかるともう少し金額が上がるかもしれません。

※この施設周辺にタクシーは走っていないので、運転手さんに待ってもらうことをおススメします。

※何かお困りのことがございましたら、ベトナムジャパンまでご連絡下さい。
☎08-3820-3917