タグ別アーカイブ: 観光情報局

テトの花道-5 農村の道続く

 

 

 

みなさん、こんにちは。

ベトナム旅行情報局特派員のサカモトです。

今回もテトの花道を紹介していきます。

撮影場所は、グエン・フエ通り周辺、朝9時から朝10時の光景です。

撮影者は、ベトナム事務所のトゥイさんです。

街中に、田んぼが現れましたね、バイク乗っている人多いですね!!
DSC_0342

竹林がスゴイですね、元々どういう感じの通りなのか、気になります????
DSC_0343

ベトナムは、蓮が有名な国です。
DSC_0344

菊と一緒に見える赤い花が、ケイトウです。
DSC_0346

ベトナムでは、ケイトウを「ホワマオガー」というそうです。

ベトナムには、ケイトウの昔話があります。

ベトナムの昔話の記事を見てください。

農村を作っているのは、分かりますが、消火器の場所が悪いな~。
DSC_0347

これは、ひょうたんの鉢植え。
DSC_0348

前回の花道と違い、この部分は、農村がテーマみたいです。

前回の稲と竹について説明。

トゥイさんに、聞いてみたところ、こういう答えが返ってきました。

ここに稲と竹がある理由は、

ホーチミン市は都会なので、イネと竹が全然見れない。

ホーチミン市は都会なので、稲と竹を見るチャンスが少ないので、

このオブジェは珍しい。

そう飾ると、人間と自然との距離を短くさせられるし、

仕事などで、旧正月、田舎に帰られない人は、

ここに来ると、自分の故郷に戻ったような感じになれると思います。

こういうのって、日本で最近少なくなったように感じました。

長い文章を、最後まで読んで下さりありがとうございます

次回も、この農村の道を紹介したいと思います

お楽しみに

 

テトのイルミネーション-3 祝う人が出現

DSC_0277

みなさん、こんにちは。

ベトナム旅行情報局特派員のサカモトです。

今回もテトのイルミネーションを紹介していきます。

そういえば、テトに関して説明していませんでしたね。

ベトナムは、新暦(太陽暦)と旧暦(太陰暦)を使っています。

テトとは、旧暦の旧正月のことです。

では、写真紹介していきます。

撮影場所・時間帯は、グエン・フエ通りで、夕方5時から夜7時までの光景です。

入口にいるキャラクターは、昔のお金を持っていますね。中国のドラマとかで、見かけます。
DSC_0279

こちらは、新年を祝うお祭りの飾りかな?? 仮装した人がいますね
DSC_0282

ライトアップされた写真が出てきましたね

白馬が引いているのは、お金かな??
DSC_0283

この続きは、次回投稿します

お楽しみに